10年後の世界で起こっているであろうことがあなたのキャリアに影響を与えていること

目下、自分自身がホントに何がしたいのだろう。というのが
悩みなのですが、何がしたいよりも、働きたいな。という気持ちがふつふつを沸いているのが面白い。
やってみなさいよ。ということなのでしょうか。

さて、本日も始めます。

2020年 おもてなし Tokyo は、間違いなく起こる未来であるわけですが、

所を得る。ということを考えた場合、
未来の外部環境を考えておく必要があるのではないか?と考えています。

というのも、先日シナリオプランニングなるものを学ばせていただいたからなのです。

シナリオプランニングとは何か?と言われると、詳しくはグーグル先生にお聞きいただくとして、
今回は、セミナーで教えていただいたことをうろ覚えでご紹介させていただきます。

シナリオプランニングを取り入れたのは石油のシェルで
もともとアメリカが軍事目的に使用したものを企業戦略としても使用できないものかと
導入されたものだそうです。

有名になったのは、オイルショックの時の事例で、
その当時、セブンシスターズと言われていた石油会社の中で、
6~7位であったシェルlがオイルショックの際に、業界2位にまで、ポジションを上げたらしいのです。

なぜ、そんなことができたのかというと、、

事前にオイルショックが起こるかもし、起きないかも知れない。という2極のシナリオつくり、それぞれの戦略を立てていたそうです。

オイルショックという非常時には、地域差が大きくなる。だから、地域ごとの裁量権を与えて、それそれの地区でコントロールする。
という方法で対応し、シェアを伸ばしていったそうです。

こういう話を聞くと、個人でやってる我々も
自分たちのビジネスに与える影響が大きくて、不確実性の高いものについて、(起こるか、起こらないかわからないもの)について、
それらが起こった場合、起こらなかった場合を想定するべきなのではないかと思うのです。

これから10年で外部環境はどのように変化するのか?

所を得ることを目標にしている私としては外部環境の変化や、個人の生活などについては、
どうしても押さえておきたい。

10年後の未来がどんなふうにに変化しているかを想像してみる。
そして、その中で最も自分の顧客や、自分、自社に影響を与える因子はなんなのか。
それについて、その変化があった場合。変化がない場合を考えてみる。

できれば、いろんな人に10年後の世界をお聞きして、それらをミックスしてシナリオを書いておきたいですね。

ということで、これから私がお会いする「あなた」
10年後どうなってると思います?
想像できる範囲でお話しいただれば幸いです。

まずは、インタビュー、アンケートから
さぁ楽しんでやってみよう。

あなたじゃなきゃだめなんだ。と言われたい。

昨日は、もんでんともひこさんのブランディングセミナーに参加してまりました。

ブランディング?、自分には関係ないって思ってませんか?

幸せな人生って何でしょうか?

もちろん、人によって幸せの定義は違うと思います。
やりたいことを仕事にして、気の置けない仲間に囲まれて、家族が元気で愛にあふれていて。。。

ただ、だれとも関わり合わず。無人島で1人で暮らしたいと言う人は少ないでしょう?

誰でもいい。から、
あなたじゃなきゃだめなんだ。へ

ブランディングとは、あなたじゃなきゃダメ。になること。ファンになってもらうこと。
と、もんでんさんは定義しておられました。

これって、
ビジネスだけでなく、豊かに生きることに通じる考え方なんだとおもうんです。

ビジネスでは、
見込み客を作る。購入客を作る。常連客を作る。ってことが、

個人では、
出会う。知り合いができる。友人ができる。親友ができる。
に変わるだけ。

そう考えるとブランディングの勉強って
誰にとっても必要なものなのではないでしょうか。

今まで無意識でやってきたことを、理論を学び意識化して、確度、再現性を高める。

せっかくのご縁なんだから、たくさんの人から、
あなたじゃなきゃだめなんだ。と言われたい。

さぁ楽しんでやってみよう。

 

「百聞は一見にしかず。・・・」

本日は、朝からAKB氏とSFT(社会不適合)ランを行おうと集合したのですが、
ランステを出ると残念ながらの雨模様。

カッコイイ我々は解釈を変更し、
走っている途中に降らなくてよかったね。と満面の笑みです。

予定をランから極真AKB道場に変更。

ということで、本日は、「百聞は一見にしかず。・・・」
始めます。

極真AKB道場とは、
AKB氏が毎日行っているトレーニングをやるというものです。

単純にそれだけなのですよ。
いつもさくっと練習メニューをやりましたって、facebookに
上げられてるから、何とかなるだろう。と挑戦したのですが、、、

 

ごめんなさい。。。
すいません。
ホントきつかった。。。。

もちろん、自分が怠けまくってたのもあるんですが、
腕立てができない。。

もう無理だ!って、プルプルしてたら、

AKB氏「こっから追い込むのが効くんですよね!はい、プラス腕立て20回!」
もう腕は動かないんですけど、AKB氏がクレーン車のごとく、身体を持ち上げてくれるんです。

もう、トドの移動。海豚の移動。

身体を支えることさえできない自分の腕に出会いました。

AKB氏曰く、オールアウト。
出し切った。という状態。

「はじめの一歩」で、一歩が初めて鴨川ジムでトレーニングした後、
手が上がらなくて、頭が洗えないって話がありましたが、ホントそのままです。

ホントに、今までトレーニングをサボっていた自分自身が恥ずかしい。。。
泣きたいくらいに悔しい。。

精神的にズタボロになりましたが、

そこは、悔しさと羨望とこころ強さと。

日々続けている人を見ると、自分も続ければできるんじゃないか。
という、若干の希望が見えてくるのも有り難いことです。

百聞は一見にしかず。
百見は一験にしかず。
ただし、一験で調子にのんな。

ということで、一験でズタボロにされましたので、
百験となるように、日々、筋トレを行うことに決めました。

さぁ楽しんでやってみよう。

 

 

長距離を走ることの効能 その2「自分の限界を知る」

本日は、三日間セミナーの同期生であるOさんと会食。

会計事務所でコンサルをされているOさん
ブログからも、そのしっかりとした思考体系が隠しきれません。

いつかこんな文章を書いてみたいなぁ。と思いつつ、
自分では書けない。し、勝てない。。ので、別路線でいきます。

そのときの気づきはまた後日。

では、始めます。

 

長距離を走ることの効能 その2「自分の限界を知る」

42.195kmよりも長い距離、84kmに挑戦したときに感じました。

圧倒的な自分1人の限界。。。

後から考えるとハンガーノックという結論に達したのですが、
無理なんです。歩けるけど走れない。全く足が出ない。

何で自分はできないんだ。。。最後まで出し切れ。。。
そんなことを考えても、できないものはできない。

圧倒的な自分の無力、自分の限界。

漫画で出てくる、鼻水出しながら、どろどろになりながら、走り続ける。
実際にそんな状態にまではいっていませんが、心の中はズタボロです。

ダメな自分を圧倒的に感じる。

この経験をしたことが、今後どんな影響を与えるかは、まだ、わかりません。
ただ、1人でできる。って言うことは間違いなく無くなると思います。

声をかけてくださる沿道の方々、
食料、水分を提供してくださるスタッフに方々
気をつけてって、送り出してくれた家族

そんな中で走らせてもらっている、生かしてもらっている自分

こんな自分でも支えてもらえているということへの感謝

最後はそこに行き着くのだと感じています。

「自分の限界を知ること」

さぁ楽しんでやってみよう。

 

 

走ることの効能 その1 「やらなきゃいけないことからの解放」

湘南国際マラソンまであと1週間。
トレーニングとしてできることは、やったはず?
ということで、残りの1週間で身体の調整を行います。

本日は、「走ることの効能」について

ちゃんと走り始めたのは、ここ2~3ヶ月なので大きなことは言えないのですが、
長距離を走ることの効能として感じていることを書いていきたいと思います。

何で走ってるの?と聞かれることも多いですし、自分でもう走りたくない!って思ったときに
この気持ちを思い出せるように備忘録として。

「やらなきゃいけないことからの解放」

フルマラソンを初めては知って、まず感じたことがこれでした。

日々生活していると、会社の仕事だとか、掃除だとか、ご飯食べるだとか、ブログを書くとか、
やらなきゃいけないことが圧倒的に多いです。

自分が決めた決めていないに関わらずです。
人が生まれてきて、今の時代が一番やらなきゃいけないことが多いのではないでしょうか。

で、長距離を走ることに挑戦すると、
速い遅いにかかわらず、ある程度の時間は必ず拘束されることになります。

その時間は、走ってゴールへ向かうってこと、以外のことについては
すべてのやらなきゃいけないことから解放される時間になります。

なぜなら、走る以外は何もできないから。
考えたとしても、対応することができないので、
やらなきゃいけないことを考えてもしょうがないじゃないですか。

それは、当時の自分に取って凄く幸せなことでした。
先輩が辞められて、先輩の分の仕事が自分の所に来たり、採用業務をしないといけなかったり、
仕事でやらなきゃいけないことはたくさんあったのですが、
当時は、それに追われている感覚があったんです。

普段生活してると、必ずつきまといますから、ふとしたことでどうしよう。。。
って、なっていました。

もちろん仕事のことについて、24時間考えられるってことは幸せなことなのかもしませんが、
追われて考えるのと自然に考えるのでは、幸せ度っていう意味では大きな違いがあるのではないかなと思います。

で、僕は初めてのフルマラソンで自由を感じることができたんです。
やらなきゃいけないことからの解放。

そうすると、やらなきゃいけない。ってことを放っておいて、
自分の自由に考えることができるようになる。
これからのキャリアとか、家族のこととか、自分の弱さだとか、周りの皆さんへの感謝とか。
これが本当に幸せでした。

っていっても、別にこんなことも考えなくても何も考えなくてもいいんです。
自由に任せていいんですから。

ゆっくりのスピードで走っているから、感じることができたのかもしれませんし、
人によっても変わってくるんでしょうけれども、
最後の35kとかになると、あと8kmで終わりかって、寂しい気持ちになったりしていました。

今でも長距離を走るときには、やらなきゃいけないことからへの解放の幸せを感じます。
って、今はフリーなので、人生でやらなきゃいけないことから逃げてるってことになってしまうのか。。。

やらなきゃいけない。ってことをたくさん抱えている方。
ぜひ一度長距離を走ってみてください。
5時間はやらなきゃいけないって気持ちから解放されるっていいもんですよ。

って、ぼくは、人生でやらなきゃいけないことからは、逃げないで生きていきます。

さぁ楽しんでやってみよう。

 

 

 

 

本日は自己紹介をさせていただきます。

こんばんは、長浜です。

と、さらっと書いてしまいましたが、

本ブログは、長浜広貴という個人が運営しているブログになります。

ということで、本日は自己紹介をさせていただきます。

○自己紹介○

長浜 広貴(ナガハマ ヒロタカ)と申します。

広島県出身で、現在は東京在住です。

2011年12月23日~25日に平成進化論を運営されている鮒谷さんの三日間セミナーに参加いたしまして、
その課題として、ブログを開始いたしました。
途中、若干の空白期間はありますが、2013年10月より毎日更新をしております。

ブログタイトルである「僕の前に道はない 僕の後ろに道ができる」は、
僕の大好きな高村光太郎の詩「道程」の一節を使用させて頂きました。

「自分自身の行動のみが自分の人生である。」という解釈のもと「行動すること」への決意を表したものです。

日々の仕事、行動、生活や、自己投資の中で、得られた気づきをご紹介していきます。

なお、当ブログは長浜の個人的な考えを掲載したものであり、
長浜が所属ないし関係する機関、組織、グループ等の意見を反映したものでありません。

○略歴○

大学時代は、生物工学、免疫学等を学び、大学院にて免疫学の研究で修士課程を取得したのち、

製薬会社に研究者として入社いたしました。

研究者としては、抗体を利用した製品の開発、改良等に従事しておりました。

社内研修制度で、アカウンティング・ファイナンスを学び、それらを深めたいと思い、
2006年に板倉雄一郎事務所主催の企業価値評価セミナーに参加いたしました。

社内研修での成績をかわれたのかどうかは、わかりませんが、
その後、管理部門である2008年7月に経理部に異動。それに伴い東京に初進出。

2010年により人事部へ異動し、企業年金の管理から給与計算、採用、社員研修等の業務に従事いたしました。

2013年10月 一身上の都合により、会社を退職。

現在はフリーで活動しております。

元々、理系出身の研究者なのですが、初見でほとんどの方が営業職と間違われます(笑

・趣味・
読書、料理、マラソン

マラソン歴
・2013年1月 ARAKAWAクリーン10k 55分 完走
・2013年4月 かすみがうらマラソン 42k 5時間27分 完走
・2013年9月 秩父札所めぐりウルトラマラソン84km 75.1km地点にてタイムアウト
・2013年10月 第6回ベジタブルマラソン in 彩湖 ハーフ 2時間25分
・2013年11月 湘南国際マラソン 42k 参加予定

また、これからいろいろと追加修正はしていくかと思いますが。

本日はここまで。

さぁ楽しんでやってみよう。

表面を真似たとしても、同じようにすることはできない。

本日は、尊敬し憧れているIさんの仕事のお手伝いをさせていただきました。

まず、声をかけていただけたということに感謝です。

ぼくがやったことは、ただただデータの入力という作業なのですが、
憧れの方と、同じ空間で仕事をしている。ということが純粋にありがたいなぁと、
入力をしながら思っておりました。

あまり変な感じでを書くと、もう呼ばない。ということになりそうなので、
やめておきますが…。

理想の状況とは?

僕の憧れる一つの理想の状況を作っておられるIさん。

独立して仕事をしておられ、週末はトライアスロンで全国を飛び回っておられます。

ただ、僕がその表面に見えている部分だけを真似しても、
Iさんと、同じようにすることは、絶対にできるわけがないんですよね。

たとえば、
Iさんが、入力した結果は、こんな風になるんですよ。
と見せてくださったExcel。

マクロ、関数を使用して、仕訳からBS・PLが作成されるように組み込まれてあるものでした。

こんなことができるんだ!すごい!と思ったのですが、
僕の実力では、中どのように動いているかを
全く想像することができません。
なので、本当の凄いさは、わかっていないのだと思います。

理想の状況を作るためには、その背景を知ることが必須

Excelであれば、Iさんの会計に対する知識、そして、Excel、ITに関する知識が組み合わさり、
そして、それを試行錯誤されて、そのファイルは作成されているわけです。

それと同様に、Iさんの働き方・ライフスタイルにおいても、それまでに積み重ねてこられた失敗や成功の積み重ね、思考回路など、すべてが組み合わさって、現在の状況を作り上げられているのだと思うのです。

今回、同じ時間を過ごすことができたおかげで、
表面で起こっていることだけをまねても、本当の凄さを認識できないし、その域には到達できない。
ということを改めて実感させていただきました。

理想の状況を作るための背景を知るには?

まだ、理想の状況を作れていない。僕と同じような状況の人が理想の状況を作り上げるための

背景を知るには、まずは、その背景を知っている人に頼るしかないと思うのです。

そして、その人の背景と、自分の背景との違いを認識し、

その背景がすり込まれるかのように、行動していくことが必要なのだと思います。

これから、僕には理想の状況を作るため、背景の刷り込みが必要です。

Iさん、憧れの先輩として、背景の刷り込み、これからもよろしくお願い致します。

さぁ楽しんでやってみよう。

【00530】「禁酒100日達成に学ぶ」

昨日で無事、禁酒100日が達成できました。

2013年7月16日
「体調悪いから、今日の飲酒はなし」から、スタートしたこのプロジェクト。

最初は、秩父札所めぐりウルトラマラソンを走ったら解禁!と考えていたのですが、
結局完走できず。。。

それならば、湘南国際マラソンまで伸ばしてやろうと、
少しずつ記録更新していったわけです。

結構いけるもんですね。
たばこと違って、肉体的な禁断症状などがなかったのが有り難いです。

元々は、小学生のころから、
カルピスの友達だ。と、梅酒の水割りを呑んでいた私。
(ホントにお酒という認識がなかったのです。)

そんな飲酒エリート?の私でもこうしてお酒を辞めた。

お酒を辞めるための5つの方法

・すごいことをやっている。えらいんだ。という根拠のない優越感を持つ。
・飲まなくてもいいと言ってくれる人たちのところに行く。
・最初に酒が飲めないことを伝えておく。
・お酒を飲まないと3回断われば、何とか相手もわかってくれる。
・ノンアルコール商品も飲みたくなったら使ってよし。

注意点
・久しぶりに酒を飲んでた頃の友人に会う時に注意が必要。
(今日だけはいいじゃないか。せっかくだし。という特別?な理由が発生します。
 が、「今日だけはいい」という理由は、その翌日以降も発生することを忘れてはいけません。)

面白かったこと
・コーラばかり飲んでいても、飲み会の最後の方は少し酔っぱらってる気分になります。
(雰囲気に酔っているのかもしれません。)

これで、お酒がやめたいと思っている方も、きっとお酒をやめることができるはず?

湘南国際マラソンまでは、確実に続けますが、
それ以降は気分次第で、サブフォー達成するまで飲まないとか、変えちゃうかも知れません。

ただ、自分は意志がめちゃめちゃ弱いので、酒に溺れる。ということがないように
飲酒量を調整できる男になります。

さぁ楽しんでやってみよう。

【00529】「共通点無いなら、今から作っちゃえ」

昨日のランの後、
超一流の保険屋AKB氏のお誘いにより、かなり久しぶりにカラオケにいきました。

で、久しぶりのカラオケで感じたこと。

「共通点無いなら、今から作っちゃえ。」

では、始めます。

コミュニケーションを上手く取る方法、
初対面で会話に困らない方法、
より親密になる方法として、
その人との共通点を探す。というものが本で紹介されています。

どこに住んでるんですか?へぇ~。そこには、昔住んでまして~。
食べ物何がすきです?へぇ~。実は私も。。。
などなど。

って、もちろん、私は、まだまだ修行中の身で、
もっと上手にコミュニケーションをとれるようになりたいという願望を持っております。

様々なメンバーがいる中で、選曲するという行為は、
メンバーの共通点を探していく作業になります。

この作業が結構難しいんですよね。

まずは、自分が歌えて、
そして、メンバーの年代で被っていて、
みんな知っていて、引いたりしなくて、
寒くない曲。

最初の、自分何歌えたっけ。。。で悩みますから。

カラオケ好きな人は、こういうメンバーでいったら、
こういう曲とか、決まってるんでしょうね。

ホント鉄板とか欲しいもんす。

誰でも知ってて、盛り上がって誰とも被らない曲。

自分が歌える曲がわからないのは、自分の棚卸しができていない。ってことで、
今日は、歌える歌リストを作りました。

このリストでその場その場で、みんなと共通点となるものを探していこう。

って、書いた後で、

あぁ、これはAKB氏一流の「人と仲良くなる方法」だったのでは、
と感じている次第です。

「同じ釜の飯、ならぬ同じハコの中」

さすが超一流の男だなぁ。

「共通点無いなら、今から作っちゃえ」

さぁ楽しんでやってみよう。

【00528】コミュニティーに何を価値提供できているのか?



本日は、3日間道場卒業生の方々とSFT(社会不適合)ラン。
社会不適合というか、平日の真っ昼間から20km走るという会社員には考えられない所行。
(会社員も数名いた気がしますが(笑))

メンバーにおいて行かれる。。。というプレッシャーの中。
なんとか無事に走りきることができました。
メンバーの皆様、ペースをあわせてくださって、ありがとうございました。
ご迷惑をおかけしました。

で、本日のお話しは、「コミュニティに何を提供できているのか?」です。

さぁ始めます。

 

8年前、まだ、広島で働いていた時に、東京のセミナーに参加したことがあります。

セミナー料金が2日間で25万円、
広島から東京までがホテル代など込みで約5万円ですので、
広島から受講するとしたら、30万円コースのセミナーでした。

そのセミナーの特徴は、
受講生は、毎月開かれるセミナーに5000円ぐらいで再受講できるということでした。

東京近辺に住んでいる方々は、毎月集まって、それぞれ自分たちのコミュニティーを作っておられました。

当時の僕は、そのコミュニティーに参加したい。仲間に入りたい。と思ってはいたのですが、、

結局、5千円では再受講できるけれども、東京までの旅費を考えるとと全体で約6万円なり。。。

というこの低い壁を越えることができず、
参加者の方々のブログで更新される受講生コミュニティーの話などを、
羨望と憧れで眺めておりました。

そして、8年の月日が経った今、

有り難いことに、鮒谷さんの3日間道場のいろいろな卒業生にお会いさせていただき、
そして、卒業生の方々のコミュニティに参加させていただいております。

ただ、考えてしまうんです。
自分はコミュニティーに何の価値提供ができているんだろうか?と。

あの当時の僕があこがれたのは、

ただ再受講しましたよ。とか、コミュニティーに参加ましたよ。というだけでなく、

そのコミュニティーにも価値提供していて、遊びも仕事も飲み会?も、全力で楽しんでやっている人たちの姿でした。

本当にカッコよかった。
本当に憧れでした。

今の自分は、あのカッコイイ姿に少しでも近づけているのだろうか?

で、考えた結果。まだまだだなぁ。と。

 
ということで、
あの憧れの方々の姿に追いつけるよう、
そして、もっとコミュニティーへ価値を提供できるよう、
さぁ楽しんでやってみよう。