行為の元にある思考体系を言語化する

Facebook にシェア
Pocket

主夫生活がいやになるとき。

主夫生活を初めて約2ヶ月

ちょっと晩ご飯を作ることが嫌になるときがあります。
作り始めるとまぁまぁって感じで作れるので、
簡単に言うと、「気分が乗らない」ってことです。

気分が乗らない。
この原因は何だろうな?って考えると
生活が上手く回ってない。
簡単にいうとブログ書くのが遅すぎて、睡眠時間とれてない。。
ってことなんです。

毎日ブログを書くってことを独自ドメインを取るにあたって決めたことのなんですが、

朝書けばいいのに、ダラダラと伸ばして、最後の深夜に書いちゃうんですね。
深夜にパソコンとにらめっこしながら、マユをひそめて書いてるわけです。

8月31日にならないと宿題やんない。という、夏休みの宿題状態を毎日繰り返してる。

「締め切りは神」って、言葉はありますが、
毎日締め切りに追われる人生っていかがなものか。

これも、ブログを書くって行為一つをとっても、
自分の思考体系が上手くできないな。ということなんでしょう。

しんどいことを先延ばししているって、ことですから。

鮒谷師匠の言われる
苦しいことを先にやって、あとで収穫する理論を全く理解できていないんですね。

一つの行為、行動の裏には自分自身の思考体系がべったりとへばりついてるんです。

理想の状態になるためには、行為の一つ一つにへばりついている思考を
一つ一つひもといて、それを言語化して、理想の思考にするためにどうする。
ってことを、一つ一つ一日一日続けていくしかないってことなのでしょう。

めんどくさいけどやらないと、もっとめんどくさいことになりますからね。

行為の元にある思考体系を言語化する。

さぁ楽しんでやってみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。