「一文一意」を意識していますか?

Facebook にシェア
Pocket

 

本日は、
コピーライター
もんでん ともひこ さんのセミナーに
参加して参りました。

今回は、教えていただいた
プロのコピーライターが意識されている
文章の書き方、テクニックを

独立起業を目指しているあなたに
シェアさせていただきます。

「一文一意」

一つの文章には、意味を一つだけにしなさい。
という教えです。

恥ずかしながら、セミナーを受けるまで、
私自身、まったく意識しておりませんでした。

幼少より、私たちは、
国語を習ってまいりました。

そして、国語では、

一文の中にたくさんの意味が込められた文章を読み、
そこから作者の意図を答えなさい。

という問題をたくさん解いてきました。

そして、そのたくさんの意味がある中で、
作者の最も言いたいことの意味を捕らえることを、
”正しい”と教育されてきたわけです。

その結果、
たくさんの意味が込められている文章はいい文章
という、固定概念がすり込まれているのです。

しかし、思い出して頂きたいことは、
我々、独立起業を目指している人間が書いている文章というのは、
読まれてなんぼ。
買ってもらってなんぼ。

読者であるお客さんは、
国語の時間のような
めんどくさい読解は行ってくれないのです。

だから、私たちの文章は、
シンプルでわかりやすいものでなければならない。

そこで意識したいのが、
「一文一意」

伝えたいことをシンプルに。

一文に一つの意味しか持たせない。

自分の文章を読み直して、
ごちゃごちゃしてるなぁ。。。。
と感じたあなた。

ぜひ、この「一文一意」を意識してみてはいかがでしょうか。

さぁ楽しんでやってみよう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。