「良きライバル関係を設定する。」

Facebook にシェア
Pocket

ヤツにできるなら、オレにもできる!!
そう思わせてくれる相手は大切です。

昨日は、友人であり、
尊敬すべきライバルであるラオウ氏と、皇居ラン。

人生で初めてのビルドアップ走(だんだんとペースを上げていく練習方法)に
挑戦して参りました。

最初の5kmはキロ6:30、
次の3kmはキロ6:00、
最後の2kmをキロ5:00という予定で走ったのですが。。。。

結局、最後は意地の張り合いのため、
キロ4:35というペースで
ゼーハーゼーハーいいながら、走っていました…。

今回は、経験の差か、私の勝利で終わりましたが、

身体は正直です。

無理なペースで走ったんでしょうね。

家に帰ると、脚全体が筋肉痛のような状態で、
ゾンビと化しておりました…。

ここで感じるのは、マラソンでも仕事でも、
今の自分のペースよりもはやい、無理なペースで頑張るには、
お互いに認めているけど、ぜったい負けたくない相手が必要。ということです。

今回、私にとって、最後のキロ4:35というペースは、

今まで一度も走ったことの無いペースでだったんです。

そして、その前のキロ5:00の段階で結構キツく感じていたんですが、

何とかガンバれた。

ここで、もし一人だったら、完全に流してペースを落としていたでしょう。


この、けれども何とがガンバれたを生み出したのが

ほぼ同じ年齢、同じ体重で、
サブフォーという、De部には無理じゃね。という目標を公言しまくった結果、
達成できなかったけれども、
初マラソンで、4時間21分という
チームNo.2のタイムを叩き出したラオウ氏の存在。

予想はしていましたが、彼との戦いは、
圧倒的な嫉妬と自尊心の戦いです。

もう二度と負けたくない!!という思いで、
最後は必死のパッチで走ってました。


結局、こういうライバルがいるからこそ、人は成長できるのだと思うのです、
同じ目標を目指しながら、切磋琢磨していけるライバル。

ワンピースでいうなら、サンジとゾロ。
HUNTER×HUNTERでいうなら、ゴンとキルア。

あなたも成長したいこと、達成してみたいことがあるなら、
ぜひ、自分と同レベルの友人を巻き込んで、
勝手に絶対に負けたくないライバルに設定してみてはいかがでしょう。

「良きライバル関係を設定する」

さぁ楽しんでやってみよう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。