見えないからこそ理想の未来になる。

Share on Facebook
Pocket

サンタは実在するのか?

サンタさんはいる!小学校4年生まで信じてました。ファミコンだってプレゼントしてくれたし。。。なんで僕が欲しいものがわかるんだろう?って思ってました。
4年生の時に、もしかしてサンタクロースは、お父さんお母さんなのかなって思い始めたときに、物置でプレゼントらしきものを発見してしまい、やっぱりサンタは両親だったんだ。と知ったのでした。
妹は僕より2歳早くサンタさんがいないって、知っちゃったから、ちょっとだけドキドキから冷めるのが早かった。今考えるとちょっとかわいそうなことをしたのかな。。。

で、今の子供たちはネットがあるから、もしかするとすぐしらべちゃうのかな。と思い、「サンタクロース いる」で検索を書けると「サンタクロースはいるのでしょうか」という新聞の社説がでて参りました。

「サンタクロースはいるのでしょうか」

———————————-

ニューヨーク・サン新聞 1897年9月21日 社説欄

「こんにちは、しんぶんのおじさん。
わたしは八さいのおんなのこです。じつは、ともだちがサンタクロースはいないというのです。パパは、わからないことがあったら、サンしんぶん、というので、ほんとうのことをおしえてください。サンタクロースはいるのですか?
ヴァージニア・オハンロン」

ヴァージニア、それは友だちの方がまちがっているよ。きっと、何でもうたがいたがる年ごろで、見たことがないと、信じられないんだね。自分のわかることだけが、ぜんぶだと思ってるんだろう。でもね、ヴァージニア、大人でも子どもでも、何もかもわかるわけじゃない。この広いうちゅうでは、にんげんって小さな小さなものなんだ。ぼくたちには、この世界のほんの少しのことしかわからないし、ほんとのことをぜんぶわかろうとするには、まだまだなんだ。
じつはね、ヴァージニア、サンタクロースはいるんだ。愛とか思いやりとかいたわりとかがちゃんとあるように、サンタクロースもちゃんといるし、そういうものがあふれているおかげで、ひとのまいにちは、いやされたりうるおったりする。もしサンタクロースがいなかったら、ものすごくさみしい世の中になってしまう。ヴァージニアみたいな子がこの世にいなくなるくらい、ものすごくさみしいことなんだ。サンタクロースがいないってことは、子どものすなおな心も、つくりごとをたのしむ心も、ひとを好きって思う心も、みんなないってことになる。見たり聞いたりさわったりすることでしかたのしめなくなるし、世界をいつもあたたかくしてくれる子どもたちのかがやきも、きえてなくなってしまうだろう。
サンタクロースがいないだなんていうのなら、ようせいもいないっていうんだろうね。だったら、パパにたのんで、クリスマスイブの日、えんとつというえんとつぜんぶを見はらせて、サンタクロースをまちぶせしてごらん。サンタクロースが入ってくるのが見られずにおわっても、なんにもかわらない。そもそもサンタクロースはひとの目に見えないものだし、それでサンタクロースがいないってことにもならない。ほんとのほんとうっていうのは、子どもにも大人にも、だれの目にも見えないものなんだよ。ようせいが原っぱであそんでいるところ、だれか見たひとっているかな? うん、いないよね、でもそれで、ないってきまるわけじゃない。世界でだれも見たことがない、見ることができないふしぎなことって、だれにもはっきりとはつかめないんだ。
あのガラガラっておもちゃ、中をあければ、玉が音をならしてるってことがわかるよね。でも、目に見えない世界には、どんなに力があっても、どれだけたばになってかかっても、こじあけることのできないカーテンみたいなものがかかってるんだ。すなおな心とか、あれこれたくましくすること・したもの、それから、よりそう気もちや、だれかを好きになる心だけが、そのカーテンをあけることができて、そのむこうのすごくきれいですてきなものを、見たりえがいたりすることができる。うそじゃないかって? ヴァージニア、いつでもどこでも、これだけはほんとうのことなんだよ。
サンタクロースはいない? いいや、今このときも、これからもずっといる。ヴァージニア、何ぜん年、いやあと十万年たっても、サンタクロースはいつまでも、子どもたちの心を、わくわくさせてくれると思うよ。

※ そのあと、ヴァージニアはニューヨークの学校の先生になって、四七年間子どもたちを教えつづけたそうです。

———————————-

目に見えないからこそ、サンタクロースはいる。

この話を読んで、「これって、僕らの未来と同じなんじゃないか?」と思ったのです。

僕らは誰にも見ることのできない未来に向かって、今を行動していきます。

未来を見ることができなからこそ、自分の求める理想の未来を信じて、その未来になるように行動していきます。

この時点で理想の未来は存在してるのだと思うのです。

なぜなら未来は誰も見ることができないから。
誰も見ることができないから、理想の未来がない。とは誰も言うことができない。だから理想の未来はある。
(悪魔の証明ですね)

だから、僕らは理想の未来にすることができるかどうかなんて悩む必要はなくて、その未来はあると信じ続けて行動し続ければいいのだ。ということに気がついたのでした。

ということで、サンタクロースはいる。
両親はサンタクロースにプレゼント置くように頼まれたって言ってましたしね(笑)

見えないからこそ理想の未来になる。

さぁ楽しんでやってみよう。

———————————-
「悪魔の証明」
以下はてなキーワードより
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%AD%CB%E2%A4%CE%BE%DA%CC%C0

悪魔の証明とは、「ある事実・現象が『全くない(なかった)』」というような、それを証明することが非常に困難な命題を証明すること。例えば「アイルランドに蛇はいる」ということを証明するとしたら、アイルランドで蛇を一匹捕まえて来ればよいが、「アイルランドに蛇はいない」ということの証明アイルランド全土を探査しなくてはならないので非常に困難、事実上不可能であるというような場合、これを悪魔の証明という。

新約聖書にあるサタンがイエスを試した逸話から来ている。ある論争に際して、そもそも挙証が困難な命題の証明を相手に迫ることもひとつのディベートのテクニックではあるが、それを悪魔の証明だ、と相手が指摘することが挙証責任を転嫁する際の決めぜりふであるということには必ずしもならない。
———————————-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。