原因を自責で考えると対処できる

Facebook にシェア
Pocket

おはようございます。
長浜です。

本日は「原因を自責で考えると対処できる」でお伝えしたいと思います。

原因と結果の法則、因果応報、B/SとP/Lの関係、全てのモノには原因があり、その原因の為に結果が得られるというの世の中の摂理であります。

しかし、私たちは起こった結果に対して、場当たり的に対処してしまい、その原因にまで目を向けるということはなかなかに少ないのではないでしょうか。

しかし、それではいつまで経ってもピンポンを打ち返す様な毎日で、いつまで経っても求める生活というのは得られません。できるだけ原因に目を向けていきたいモノです。

先日、奥さんとテレビを見ていると、男子フィギュアスケートソチ五輪代表の選手に追っかけがいる。というニュースが流れました。

それをみて、僕が「ああ。奥さんが追っかけとかやってたら、家族は大変だろうなぁ。」とポツリとつぶやいたところ。

 

「何言ってんの? そんな人の旦那は、太ってて格好良くないに決まってるでしょ。
旦那が格好良ければ、追っかけなんかしないわよ。
奥さんに何かを言う前に鏡を見なさいってことよ。

ね。

おっかけなんかされたくないでしょ。」

と、僕の目を見ながら、真剣に言われました。。。。

「はい。。そうですね。。」としか言えず。。。

ホント、原因を自責で考えると対処することができますね!

「原因を自責で考えると対処できる」

さぁ楽しんでやってみよう。

———————————-
編集後記
午後から面談2件、徐々に素人さが抜けてきて、上手くなってきました。
ただ、上手くなっても伝わらなければ意味がないので、慣れてきたときが見直しどきです。
———————————-

 

一日一新
・隣になった人に声をかけてみる。
・電車が止まっていたため、近くの駅まで歩く。
・勝負メシとして、幸楽苑の醤油ラーメン