あなたが喜びを感じることは何?

Facebook にシェア
Pocket

こんにちは。
長浜です。

本日は「あなたが喜びを感じることは何?」でお伝えしたいと思います。

34年生きてきて、実はあまり考えてきたことがなかったのですが、
自分の中で喜びを感じることは何なのだろうと考える機会をいただきました。

実際に仕事で喜びを感じたことを思い出してみると、
一人でExcelで実験ノートを作って簡略化したり、
社会保険料計算のためのExcel作ってみたり、
給与明細発行のためのマクロ組んでみたり。
小さなことだと、Excelのヘルプ画面のショートカット調べて使うなど、
そんなことが面白かったなぁ、喜びを感じたなぁと。

そういえば、子供の頃に熱中した遊びは、
一人で、油粘土でキン肉マンを作って戦わせたり、聖闘士星矢を作って戦わせたり、、、
友達を遊ぶことも面白かったのですが、好んでいたのは、粘土遊びでした。

どうやら、私で言うと、自分で物事を深掘りをしていって、自分しか気がつかなかったことや、そこから、自分がモノや仕組みを作ることに喜びを感じているようです。

そして、面白いことに、それらが誰かに評価されることにあまり重きを置いていない可能性があるのです。
喜びの大部分が、モノや仕組みができた時に感じている気がします。

実際、社会保険計算Excelなんて、担当されていた方が異動されて、使われなくなってしまっても、別にこんちくしょう!とは、感じなかったっですからね。

なんか独りよがりのタイプですね。

他にどんなタイプがあるのかな。と考えてみると、

表現することに喜びを感じるタイプ
人との繋がりに喜びを感じるタイプ。
人に評価される認められることに喜びを感じるタイプ
新しく何かを生み出すことに喜びを感じるタイプ
フォロアーとして組織の調整することに喜びを感じるタイプ
上手く回らないことを改善することに喜びを感じるタイプ

などなど。

もちろん、このほかにもたくさんのタイプはあるかも知れませんし、
実は、違うタイプと思っていたものが根源的には一緒だったりするかも知れません。

ただ、自分がどんなことに喜びを感じるかがわかると、今後、仕事をする上で楽になるかもしれませんね。
そして、パートナーやチームメイトがどんなことに喜びを求めるかを知っていれば、よりタッグ、チームの力がアップするかもしれません。

あなたはどんなことに喜びを感じるタイプですか?
そして、あなたのパートナーは?チームメンバーはどうでしょう?

「あなたが喜びを感じることは何?」

さぁ楽しんでやってみよう。

 

———————————-
編集後記
前職時代の尊敬する上司Hさんと会食。
仕事のキャリア、今後の夢、理想の人事や、会社像など、たくさんご相談させて頂きました。
Hさん、有り難うございました。
いいご報告ができるように頑張ります。
———————————-

 

一日一新
・スタバで新しいコーヒー豆に挑戦
・Hさんとの会食