「自分の行動に覚悟と責任を」

Facebook にシェア
Pocket

おはようございます。
長浜です。

本日は「自分の行動に覚悟と責任を」でお伝えしたいと思います。

端が楽になる。と言って、「働く」

自分自身は、今まで自分が楽になるということを考えて働いてきました。

自分自身が楽に早く最高のモノを提供することが、
相手にとっても、自分にとってもハッピーだ、と。

それが、Excel関数であったり、マクロであったりというところに繋がっていくのですが、、

ただ、一方それは独りよがりなのでは?と考える部分もあったのです。

たとえば、マクロを組んだら、次の人が使えないかもしれない。
Excel関数であれば、Excelが本当に苦手な人では使えないかも知れない。
しかし、そこに関しては、目をつぶりました。

それを考え始めると、直面している問題に対して、
自分自身の時間を切り売りすることでしか対応できなくなるからです。
私にとって、それだけはどうしても避けなければならないことでした。

ただ、自分が判断をするということは、
そのほかの方々に影響を与えることになるのです。

風が吹けば桶屋が儲かるという言葉を出すまでもなく、
すべては、自分、相手、チーム、世界に繋がっているのですから。

先日も自分が選択をする。という場面に出会うことになりました。

自分自身が選択することによって、
相手、周りにとって、少なからず良くない結果になってしまったかも知れません。

ただ、それを受けることによって、自分自身や自分のチームが疲弊してしまうのは、
どうしても避けたいと思ったのです。

ただ、選択の結果、生じる現象については、
もちろん自分が受け止めなければなりません。

責任を取るのは常に自分自身です。
リスクとリターンについては許容する。

「自分の行動に覚悟と責任を」

さぁ楽しんでやってみよう。

———————————-
編集後記
2010年に購入したTUMIのバック。
長年使っていたため、ファスナーの金具が無くなっているところがありました。
本日、丸の内TUMIで無料で補充?してもらいました。
アフターフォローがしっかりしているというのは購入者としては有り難いですね。
ただ、東京で買えばの話しで、地方で買った場合はどうなるんだろう。
———————————-

一日一新
・TUMI金具の交換
・友人にランのお誘い(実現せず)