社会適合者の時間って少ないね

こんばんは。
長浜です。

本日は「社会適合者の時間って少ないね」でお伝えしたいと思います。

実は、昨日から社会適合者に復帰しました。

社会適合者というくくりがわかりづらいですね。
仲間内で
社会不適合者:フリー、独立自営業、半独立自営業、会社員になれない人:時間を比較的自分でコントロールできる、平日昼間に走ったできる人
社会適合者:サラリーマン、就業時間の縛りなどで一定時間を自分でコントロールできない。平日昼間に走れない。

と言っています。

言葉の定義をしたことがないので、みんなとの解釈が若干ずれてるかもしれません。。。

って、すいません。

言いたかったことは、社会適合者の時間って、すごく少ない、、、ということです。

かなり久しぶりな感覚です。

書いておかないと完全に忘れてしまいます。

時間が少ないって感覚自体が相対的なことなのですが、それはそれで面白いのです。

この半年間、自分だけに使っていた投資、勉強、ランニング、料理、ブログ、家事、掃除という時間をいかに配分していくか。

せっかく続けていたことをなくしてしまうのは、あまりにももったいない。

タスク管理、時間管理、ライフ管理で爆走していきます。

解決策も何も提示しておりませんが。。汗

ゼロ秒思考で仕事スピードも生活スピードも上げていきましょう。

さぁ楽しんでやってみよう。

できることを淡々と積み上げていく

こんばんは。
長浜です。

本日は「できることを淡々と積み上げていく」でお伝えしたいと思います。

自分のできること、できないこと、やりたいこと、やれないこと。

夢と希望と情熱にあふれるあなたなら、
たくさんの思いを持っておられると思います。

ただ、その中で、憧れのあの姿はあるけれど、まだできないな。
ということが出てくるものだと思います。

そんなときに、「できないからやらない」と諦めない。

できることを淡々と粛々と積み上げていく。

「自分自身を過剰評価しないし、自分自身を過小評価もしない」

「このままではこのまま」です。

少しずつ少しずつ
できることから続けていきましょう。

続けていけば、自分だけの道が出来てきます。

僕の前に道はない。僕のうしろに道ができる。

さぁ楽しんでやってみよう。

買い物から見る男性と女性の違い

こんばんは
長浜です。

本日は「買い物から見る男性と女性の違い」
でお伝えしたいと思います。

女性の買い物は長い。

男性なら口に出したことはなくても、
一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

何故でしょうね?

男性は買うものが決まっているから猪突猛進。
それを買うために目的のお店に行きます。
考えるとすると、似たような商品があった場合、
それらの機能の違いは?ということでしょうか。

一方、女性は、いいものがあるかも?と、
いろいろなお店に入っていきます。
もちろん、目的のものはあるのでしょうけれども、
目的の以外の品物も、常に探してるのだと思います。

この目的に以外のものを探している感覚が、
男には理解できないのだとおもいます。

と言いながら、、、

奥さんが服屋で時間を使うことと、
僕が本屋で時間を使ってしまうのことは、
同じなのかもしれません。

本屋では、目的の本以外のアタラシイ出会いも探していますから。

男性と女性の違いというよりも感度の違いなのか。
心のヒダの違いなのか。。。

この女性の買い物心理を理解できれば、
もう一歩進める気がしております。

が、まだまだ理解できません。。。。

さぁ 楽しんでやってみよう。

Posted from するぷろ for iOS.

地に足はついてますか?

こんにちは
長浜です。

本日は「地に足は着いてますか?」で
お伝えしたいと思います。

ライフプラン、夢、希望、願望、妄想
多くのことを形にしたい未来

男性は、幸せを未来の中で語り、
女性は、幸せを現在の中から最適のバランスとして探し出します。

ということで、
「男は幸せな未来を語りつつ、
現在の最適なバランスに調整する努力をしないと
女性には認めてもらえない。」
ということに最近気がつきました。

未来のためだから、と言って強引に時間・お金を使ってはならない。

男性性では、強引に考えがちですが、
そこはチームのバランス(家庭の平和)を考えつつ。

地に足を着けて、進んで行きます。

さぁ楽しんでやってみよう。

Posted from するぷろ for iOS.

マラソン・ウルトラマラソンを走っておいた方がいい理由

こんにちは。
長浜です。

本日は「マラソン・ウルトラマラソンを走っておいた方がいい理由」でお伝えしたいと思います。

僕は、人にお会いして、趣味を聞かれたときに、
「趣味はマラソンです。 去年から始めたのですが、
フルマラソン2回、84kmウルトラマラソンにも挑戦しました。」
とお話しすることにしています。

そうすると、なぜかありがたいことに、
『根性がある』『困難に耐えられる』という
タグをつけていただいております。

けれども、実際の自分は、
根性なくて、これじゃダメだ、変わりたい、
と常に思っている人間です。

自分自身、根性がない、継続できないことを知っているから、
『これじゃダメだ。根性つけよう。困難なことに挑戦しよう』
『ドロドロの限界を知っていたら、仕事の困難も乗り越えられるんじゃないか』
と考えて、マラソンに挑戦しています。

ウルトラマラソンに至っては、煩悩の塊である自分自身が悟りを開くために必要な儀式
「プチ千日回峰行」としての位置づけです。

そんな本当は根性のない自分でも、
困難耐性○というタグを
勝手に付けてもらえているというのは、
それだけでも、
マラソン、ウルトラマラソンを走る価値はあると思っています。


その他、マラソン・ウルトラマラソンを走ると得られるもの
・25km~30km以降(7割から後)の辛さ
・長い距離が走れる様になる嬉しさ
・痩せた様に見える身体
・応援されることへの純粋な感謝
・一人の人間の小ささ
・自分の限界
・仲間の大切さ
・ありがとうと言うと元気が出ることを知れること
・成長を数値で体感できる
・23区内であれば、帰れるという自信
・休日に外出する公の理由
・一つのことに集中できる時間

一回しかない人生です。

あなたも、マラソン・ウルトラマラソンは走ってみませんか?

さぁ楽しんでやってみよう。

妄想力を鍛えよう

こんにちは。
長浜です。

本日は「妄想力を鍛えよう」
でお伝えしたいと思います。

あなたは妄想でムフフとしてますか?

イヤラシいことではありません。

自分の未来について妄想してますか?
ということです。


『社長失格』で有名な板倉雄一郎さんは、
「苦しいときにどのように考えておられましたか?」
という質問に対して、こう答えておられました。

「苦しいときでも、未来を考えたら楽しいじゃない。
これできたらすっごいぞ~。世の中の人が驚くぞ~!!」

これもどこかで聞いた話ですが、

起業家に必要なスキルは、
達成したい夢をアリアリと思い描いて、
人に伝えることができること。

どちらも、自分が描いた未来を
妄想する能力が非常に高いということですよね。

その人が描いている夢を実現することが楽しそうだから、
その夢を一緒に叶えたいと思うのから、人は集まるのではないでしょうか。

仕事が忙しい、時間に追われている。
そういう今だからこそ、妄想してムフフとする時間をつくる。

妄想力を鍛えよう。

さぁ楽しんでやってみよう。

一人で超えられない壁も仲間がいるから越えられる

こんにちは
長浜です。

本日は「一人で超えられない壁も仲間がいるから越えられる」でお伝えしたいと思います。

昨日に引き続き、友人の羅王と
3月のはなももマラソンに向けて、最後の追い込みを行ってまいりました。

『スピードに慣れる』ということを目的として、
サブ3.5を達成するための巡航速度
1キロあたり4分55秒より、30秒~40秒速いペースで走ります。
(今更スピードに慣れるの?という突っ込みなしで。。。汗)

ホント、超絶辛いです。

三途の川のあちらの側から、
ウェルカム!!!って言ってるのが聞こえるぐらい、
心臓がバクバクします。

滑って転んで失神したら、楽になるかな・・・、とか、普通によぎります。。。

一人だったら、間違いなく途中で走るのを止めてしまってますね。

けれども、一緒に走っている仲間がいるから、
最後まで走りきることができています。

お互いに、
負けたくないから、
格好悪いところは見せたくないから、
勝ちたいから、
張り合って練習しています。

はなももマラソンで二人でサブ3.5を達成して、抱き合いたいと思います。

一緒に走る仲間がいるから、最後で頑張れる。

 

これ、仕事でも一緒ではないでしょうか。

もちろん、それぞれが目標に向かって、全力で進んでいくのですが、
自分のためだけを考えると、最後の踏ん張りがきかないと思うのです。

一人では辛いけれども、
仲間と一緒だから頑張れる。
仲間の為だから頑張れる。

この最後の踏ん張りが、超えられない壁を乗り越えるために
必ず必要なものだと思うのです。

one for all , all for one
一人はチームのために、チームは一人のために

自分一人のためではなく、仲間の為に
仕事もマラソンも挑戦していきます。

一人で超えられない壁も仲間がいるから越えられる

さぁ楽しんでやってみよう。

辛い時こそ楽しい顔をしよう

こんにちは
長浜です。

本日は「辛い時こそ楽しい顔をしよう」でお伝えしたいと思います。

先ほど、友人の羅王と走ってきました。

心拍のトレーニングということで、追い込んだ練習をしたのですが、
ここで僕はあまりにも辛くて、ゼーハー言いながら、激しい呼吸で走っていました。

しかし、僕の後ろを走っている羅王のゼーハーという呼吸音は聞こえません。

なぜだ。。。

練習が終わり、抱き合った直後に聞きました。

何故、ゼーハー言っていないのか?
心拍が辛くないのか?

ヤツは答えました。
「心拍はもちろん辛い。ただ、空手の練習では、辛い時でもゼーハーは言わない。
ゼーハー言うと、気持ち、筋肉が緩む。そういうときに一発をもらうと果てしなく辛い。
相手はそういうときを狙ってくる。だから、ゼーハーは言わない。」

ズキューンと来ました。

もちろん走ること、心拍を鍛えることは本当に辛いです。

圧倒的に根性論です。
根性論だから、ゼーハー言うぐらい追い込む訳です。
ゼーハー言うと楽になる訳ではありませんが、身体が求めているのです。

ただ、そんなときでも、ヤツは相手、環境を想定していたのです。

マラソンで言えば、相手、環境とは周りで見ている人です。

ゼーハー言いながら、いろいろな汁をだしながら、走る男は汚い訳です。
そういう男を誰が応援しようと思うのでしょうか。
ハイタッチをしようとするでしょうか。
人と関わることで力を得るのであれば、ゼーハーするべきではないと感じました。

そして、起業された方にお聞きした、起業当初のお話しを思い出しました。

辛い時はある。
だけれども、辛い顔をしていると、誰も自分に仕事を頼もうとはしない。
実績もない、ギリギリの人間に仕事を頼もうとするだろうか。
相手からすると、実績があり、安心して頼める人に頼むだろう。
だからこそ、辛い時であっても、辛い顔を見せず、安心感を出すようにしないとおけない。

一時は万事です。

マラソンのトレーニングであろうと、仕事であろうと、家庭生活であろうと、
全てにおいて、辛い顔ではなく、笑顔で挑戦していきたいと思います。

辛い時こそ楽しい顔をしよう

さぁ楽しんでやってみよう。

———————————-
編集後記
夕方から友人とラン。
久しぶりに走って、筋トレ。
ラストは追い込んで、3分50秒。
辛いけれども追いこまないと。
———————————-

一日一新
・ネギを添えての鳥の丸焼き
・新しい店で丸鳥を購入

ゼロ秒思考
メモ10枚

ABCD理論

こんばんは。
長浜です。

本日は「ABCD理論」でお伝えしたいと思います。

久しぶりに、昔の手帳を見返しました。

その中に書いていた「ABCD理論」

A:当たり前のことを
B:ぼーっとしないで
C:ちゃんとやる。
D:できれば笑顔で!

僕の夢の一つに、
いい言葉を集めて、子供のための本を作るというのがあるのですが、
子供のためにというよりも、やはり自分のためですね。

まだまだ習慣、習性まで落とし込めていないなぁ。

先日、大切な友人からもらったことば

少なくとも巧緻でなくて拙速でいいから元気をだす。
元気を前に出さないと人はついてこないよ。

元気を出して、笑顔で丁寧に。

素晴らしいことば、素晴らしい友人に囲まれて、幸せです。

「ABCD理論」

さぁ楽しんでやってみよう。

———————————-

編集後記
昨日は、友人のザック所属、会援隊のMG(マネジメントゲーム)に参加。
相変わらず、面白いし、学びになります。
今回も周りが見えず、一人で突っ込んでしまいました。。。
次回への課題ですね。
———————————-

一日一新
・会援隊MGに参加

ゼロ秒思考
メモ5枚

できない未来を想像するならば、できる未来を創造しよう

おはようございます。
長浜です。

本日は「できない未来を想像するならば、できる未来を創造しよう」でお伝えしたいと思います。

『できない未来を想像する』:○○は時間がないからできない。○○はお金がないからできない。××はしんどいからできない。

『できる未来を創造する』:○○は時間をこうやってつくって、練習・勉強すればできる。○○はお金を毎月いくら稼いで、いくら貯めていくらできればできる。

できない未来を想像→現状維持の延長線・ストレッチなし・周りと同じ・他人依存

できる未来を創造→未来からの逆算・ストレッチあり・周りと違う・自分依存

できない未来を想像すると、頭が痛くなります。
どうしようどうしようと頭が止まる。

できる未来は、創造すると、頭が楽しくなります。
どうしようどうしようと頭が動く。

できない未来を想像する。楽しそうじゃないから人はついてきてくれない。
できる未来を創造する。楽しそうだから人がついてきてくれる。

できない。と頭がいっぱいになっているときは、できることからやりましょう。
小さな積み重ねを大切にして、できる未来を創造していきましょう。

ちょっとだけでもいいじゃないですか。
少しの行動、少しの記録、心の安定剤になります。
掃除でも、ブログでも、整理整頓でも。

『このまま』では『このまま』だ。

できない未来を想像するならば、できる未来を創造しよう

さぁ楽しんでやってみよう。

———————————-
編集後記
3歩進んで2歩下がる。
休まないで歩け。ワンツーパンチ
———————————-

一日一新

・なし

ゼロ秒思考

メモ3枚