人によって伝え方を変えてる?

Share on Facebook
Pocket

こんにちは
長浜です。

昨日は、「凹」というエントリーを書かせて頂きましたが、
予想以上に大丈夫か?というお声をいただきました。

申し訳ございません。
まったくもって無事でございます。
いつも同じパタンになっているため、ちょっと趣向を変えてお伝えしたかったのであります。

というのも、先日友人のコピーライターである早川氏とサシカフェをさせていただきました。
早川さんが、それぞれの人に伝える為、行動してもらうために、意識していることをお聞きし、
自分の至らなさを痛感したのでございます。

帰宅後、奥さんにその話をしたところ。

それは私もやってる。
もっと早く気付きなさい。そういえば昔からそういうところあるよね!

と、さらに突っ込まれて凹んだという話しです。

で、内容は?というと、

「人によって伝え方変えてる?」ということでございます。

基本、効率化、時間短縮、手間がかからない。ということを目的として
一人でシコシコやっているのが好きな私。

ちっちゃな頃から、粘土で遊んだり、本を読んだり、
一人でぶつぶつ言いながら遊ぶことが 苦ではなかった私。

おちゃらけていた時代もありましたが、そちらは大学デビューの顔。
基本の顔は、内気で臆病でシャイな恥ずかしがり屋です。 

それが原因かどうかは定かではありませんが。。。

私は、相手によって伝え方を変えることを、事細かく意識してこなかったのです。

特にこの人は、こういう性格の人だから、こういうにアプローチしよう。
この人はこういう所があるから、こういうメリットを提示すると乗ってくるな。
ということですね。

話した後で、どんな突っ込みがあるか。とか、
こう来られたらこうしよう。ということは考えているのですが、
その伝え方について、事細かに、その人にカスタマイズするということを
そこまで重要視していなかったのです。

人によって伝え方変える?当たり前じゃねぇか。この単細胞!
それができねぇ成果でねぇんだよ。って、声も聞こえてきそうです。

つまり、僕は相手目線をしっかり意識していなかったことです。
自分一人ではしゃいでたってことです。

相手に対して、説得する側なのか。
寄り添う側なのか。という言い方もできるかもしれません。

ファンをつくることのできる人というのは、
かならず相手に寄り添うタイプの人です。寄り添いアドバイスをする専門家です。

あなたに寄り添い、あなたをフォローします。

あなたはどういう人ですか?
あなたが欲しいのはどういう商品ですか?
あなたの本当にほしいものは?
あなたの潜在的な希望は?とか。

多くの人に共感して共有してもらうには、相手に寄り添うタイプにならないといけない。

全然できてなかったな。と、自分の至らなさを感じて凹んでいた次第です。

「人によって伝え方を変える」

また、一歩成長できます。

さぁ楽しんでやってみよう。

———————————-

編集後記
友人のコピーライター早川さんとサシカフェ。
何故その仕事を選んだのか。
フリーライターとしての心構えだったり、
赤羽チチさんのゼロ秒思考勉強会のシェアなど。
早川さん、貴重な時間を頂き、ありがとうございました。

———————————-

一日一新

・池袋メトロポリタンホテル カフェすずかけ

ゼロ秒思考
メモ50枚