求めているものがないときにどういう行動をとるのか。

Share on Facebook
Pocket

おはようございます。
長浜です。

先日、アメリカ短期留学中に知り合った友人Zくんと酒を飲みました。
facebookでちょうど就活で東京に来ているということを知り、
食事に行こうと口説き落としました。

このZくん、留学後の話がまぁ面白い。

街コンを開催したり、フリーペーパーを出したりしてるんですよね。
自分で渦を巻きまくってるわけです。

自分がまだ全然渦を巻けていないことを考えると、すごすぎる男です。
12歳年下なんて関係なくて、その当時の自分て何してたかな?と考えると
「楽しければ全て良し」って言ってましたね。

で、彼に「なんで、街コンだったり、フリーペーパーやろうとしたの?」と聞くと。

「アメリカの誕生日パーティーって、日本と違うんですよね」と話し始めてくれました。

誕生日パーティーって、日本では、仲の良い友人だったり、回りが開いてくれるじゃないですか。
アメリカでは、自分が友人を招いてアテンドするもんですよ。

へ~そんな違いがあるのかと。
僕らで言う渦を巻くという行為が自然?に身につけるんですね。
求めているものへがあるのであればアクションを起こす。
そういう文化の違いがあるのかと。

更に彼は続けます。

自分の誕生パーティーを準備してて、50人ぐらいの設定で、食事とか、酒とか準備してたんですけど、蓋を開けてみると、200人ぐらい来てるんですよ。
え。。。ですよね。
全く知らない奴が「お前Zだろ。よろしくな」みたいな感じで、
結局、そいつとは仲良くなって、
最終的にはその全く知らなかった奴と、ニューヨーク行ったり、日本への帰国の時に送ってもらったりしたんですよ。それが単純にすごいな。と。

日本って、それぞれ自分に似た人達とグループができるじゃないですか。
でそのグループが一度できると。そこから出ようとしない。そこが面白く無いなって。
だから、そのグループ同士を繋がげられたら、面白いだろうな。って、
誰もやらないなら俺がやろうか、って、街コンやったり、フリーペーパー作ったりしたんですよ。

なんでもそうなのですが、
自分の求めているものがなかった時に、
行動って2つに別れるとおもうんですよね。

ないからダメだって、言って諦めちゃうのか?
ないから作ろうか?って、自分で行動しちゃうのか?
後者が渦を巻ける人なわけなので、自分自身、圧倒的に後者になりたいと思っているわけです。
だから、自分で行動しているZくんの凄さを感じるんです。

そんなZくんですが、現在、広告業界で就職活動をしているとのこと。

何で広告なの?と聞くと、
イベントを企画して告知して。という2つを経験してみて、自分がどの立場にいたいのか?を考えたときに、告知して広げるということのほうが面白いと思ったとのこと。

そんな12歳年の離れた友人Zに純粋に嫉妬です。
負けてられない。

Zくん、本当にありがとう。
深夜?っていう方朝方まで付き合ってくれてありがとう。
東京来たら、これに懲りず、また12歳年上の友人と遊んでやってください。

さぁ楽しんでやってみよう。