De部ウルトラを走る。野辺山ウルトラマラソン完走記その3

ウルトラの朝は早い。

2時起床、3時朝食、4時出発、5時スタート。
前回挑戦した秩父札所巡りウルトラマラソン84㎞では、
ほぼ寝ることができなかったため、チームメイトと一緒に早めの就寝。

2時に起床し、準備をしていると、チームメイトのキングが起きてきた。

『マジで人をぶっ殺そうと思いました。』

寝起きで物騒なことを言う男だ。
悪い夢でもみたのかな?
と思っていると。。。。

『熊さんのいびきがひど過ぎて寝れなかったですよ。』
『BOSEのウーファーがあるのかと思ったぐらいの重低音ですよ』

どうやら、僕のいびきがひどすぎたようだ。。。。

お酒を飲み過ぎた夜は酷いことは知っている。
ただ、今回はノンアルコール。
ノンアルコールであれば、嫁も一緒に寝てるから、
大丈夫だと思っていた。

キングは相手のことを思って、はっきり言うことは言うと断言している男だ。
そんな男が言う言葉なのだから、信頼性が高い。
ぶっ殺そうかと思うほどの思いを友人にさせてしまい、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

もう一人のチームメイトJo仙人は、ぐっすり眠ることができたようだ。 


自分とJo仙人がよく寝られたことをよかったこととして捉えたい。
これで、自分もよく寝られなかったら目も当てられない。

同じ部屋に寝ていたおじいさんランナー、同い年ぐらいの四万十ウルトラ完走ランナーにも迷惑をかけてしまった。申し訳ない。
しかし、さすがウルトラランナーだ。
私のせいでよく寝られなかったにも関わらず『大丈夫ですよ』と優しい声をかけてくれた。
『ウルトラ参加者はみんないい人』
前日の夜に、Jo仙人と話したことを実感した。

キングもウルトラを走り終えた今なら優しい言葉をかけてくれるだろう。

ただ、周りのやさしさだけに甘えてばかりもいられない。
次回は、一人で寝るか、ガムテープで口を閉じるようにしよう。

I didn’t did it. We did it.
さぁ楽しんでやってみよう。

De部ウルトラを走る。野辺山ウルトラマラソン完走記その2

 

野辺山ウルトラマラソン前日。
晴天に恵まれ、八ヶ岳は我々を優しく向かい入れてくれました。
2014-05-17 14.55.16

ただですよ、山だから太陽が近いのか、
日差しが強い。。。

これは消耗戦になる。
今更ながら、そう感じた私は大会の物販でサングラスを購入。

赤を基調とした2000円のサングラス。
元帥の大好きな色であり、Team Admiralのチームカラー。
周りから、「急遽買ったにしては似合ってるよ」と褒められ大満足。

チームメイトのハラルもサングラスを持っていないということだったので、
購入を薦める。

すると奴は何を思ったのか、私とまったく同じものを購入するという暴挙にでる。
「元帥に対する忠誠を考えるとやっぱり赤ですよね」
そう言われると、こちらはなんとも言えない。ハラルは悪気もないのだろう。
10262159_646576975420866_3184369996413972879_n
サングラス購入後、JRグループの駅及び日本の普通鉄道の駅としては日本一標高が高い地点に位置する野辺山駅(標高1,345.67m)での一枚。

野辺山ウルトラでもフルマラソンでもこれから走ろうと思う人は、
サングラスはあったほうがいい。
特に、マラソン、ウルトラになると、長時間の強い日差しの中で走り続ける必要が出てくる。
日差しが強いと、目が疲れるし、まぶしくてずっとしかめっ面で走ることになる。
しかめっ面で走ると、まだ辛くないのに、脳が勝手に『身体が辛い』と勘違いしてしまうのだ。
そうすると段々と本当に身体が辛くなってくる。

長い距離を走るには、笑って楽しそうに走るほうがいい。
そうすると応援もしてもらえるし、自分自身が楽しくなってくる。
医学的根拠等はないが、私はそう信じている。

装備については、フルマラソンでも、ウルトラでも、
不安に思うことは少しでも減らしておいたほうがいい。
走ってる途中で、言い訳の材料になり、走れなくなってしまう。

今回、私はシューズ選びで失敗をしたと思っている。
ずっと履いてきたシューズなのだが、縦幅で合わせて買ったため、
若干横が狭い。
フルマラソンを走るたびに、小指に血豆ができて、爪が死ぬ。
結局、この靴のせい?で、50㎞地点で右足の血豆が破け、残り3㎞のところで左足の血豆が破けるという苦痛を味わった。
初めての経験だったので、小指がとれたか、折れた、と瞬間的に思ってしまった。
近くの人がバンドエイドを譲ってくれたので助かったが、
あのままだと「血豆がつぶれて痛くて走れない」という言い訳を使って、
ゴールしなかった可能性もあっただろう。

ということで、、小さな不安も消しておいたほうがいい。

あ、あと、日焼け止め必須です。

私は今回日焼け止めなしで走ってしまったので、一日でこんなことになってしまいました。

2014-05-24 22.01.26

もともとが白熊と言われるくらい白いため、日焼けするとえらいことになります。
気持ち悪い。。。

I didn’t did it.We did it.
さぁ楽しんでやってみよう。

野辺山ウルトラマラソン完走記その1

前夜をアップしておきながら、結果をアップしておりませんでした。

結果は、、、、

13時間58分02秒で無事?100㎞を完走しました。

いや~疲れました。

身体は疲れましたが、そんなもんはど~でもいいこと。

一番疲れたのは『心』

心が鬼のように疲れました。
さすがウルトラです。
フルマラソンの100倍ぐらい「無理だ」と思います。
絶対思います。

ただ、身体は、フルマラソンを走れるなら、
準備してケアすれば、何とかなる気がします。

結局決めるのは『心』なのではないかと。
制限時間内で目標距離を走れると信じれるかどうか。

『心』が常に戦い続けていられるかということ。

で、僕の『心』が戦いつづけられたか?というと、
全然無理です。。。圧敗しつづけです。。。

間に合うかも?と思えたのは、
90㎞時点で80分残っていたときと、
残り1㎞で制限時間9分前となった時ぐらい。
あとはず~~~~~~~~~と、無理だ。。。と思ってました。

そんな僕でも制限時間内でゴールできたのは、
Team Admiral のメンバーと走ることができたから。
そして、友人であり、ライバルでもある羅王と一緒に走れたから。

一人では無理と思うことでも、
チームだからなんとかなった。
そんなことを感じさせてくれた
野辺山ウルトラマラソン。

できるだけ早めに完走記を書いていきます。
早よせな、忘れる。

I didn’t did it.We did it.
さぁ楽しんでやってみよう。

 

野辺山ウルトラマラソン前夜

本日は、野辺山ウルトラマラソン前夜
Team Admiralの面々と長野まで来ております。

ウルトラマラソン。

それはウルトラマンになるための戦い。
そして、内なる自分との戦いであります。

先ほどの夕食時に、今回がウルトラマラソン挑戦3回目となるN仙人と話していたのですが、

『ウルトラ参加者はいい人ばかり』

ということになりました。

100km、14時間もかけて、自分の限界に挑もうという競技ですから、短期的に誰かから搾取しようとか、そういう発想の人では参加できないのだと思うのです。

また、阿闍梨になるために、千日走るという修行もあります。
そのことからも、長い距離を走るということは、心を磨き、自分自身の小ささを知り、感謝して生きるという気づきを得るために適しているのだと思うのです。

ということで、さらに自分自身の小ささと、周りへの感謝、自分の提供できるもの、自分自身がどうなりたいかを考えるために、走ってきます。

さぁ楽しんでやってみよう。


続きを読む

De部サブ4を逃す。

先月1年ぶりのかすみがうらマラソンに参加してまいりました。

ホントに思い出の大会であり、スタートの大会なんです。

2012年12月にノーポチ。
初めて参加したフルマラソン。
仲間は誰もおらず、1人での参戦。

翌日に、朝から広島で仕事。
マラソンが終わってからの移動だと終電に(東京駅7時50分)間に合わない可能性があったため、奥さんにトランクを持って観戦してもらう。

しかし、当日あいにくの雨、
奥さんは自分の荷物と僕の出張トランク2つを抱えて、土浦駅のドトールで6時間を過ごす。という苦行以外の何物でもないことになってしまいました。

※この結果、マラソン観戦には二度と行かないということに。。。

人生的にも家族的にも記念すべき大会なので、

おっしゃあ、2時間縮めたる!
なんて意気込んでたのです。

しかしながら、社会復帰してから十分な時間コントロールができなかったため、練習時間が取れず。。。

ホントにぶっつけ本番的な参加になってしまいました。(ここは去年と同じです)

来月は野辺山100kウルトラも控えているから、練習がてらゆっくり走ってやろうぜ!と、悪魔が拡声器で叫んでます。

一緒に参加した羅王は、基本的な考え方が違いました。

ここで、サブ4を獲るか取らないか。

ココは2勝1敗と1勝2敗の分水嶺だ!と、
ココを逃すのがどれだけ大きな違いを生み出すのかを、熱く語ってくれました。

周りへの見え方など、考えてなかった。
むしろ、直前まで走りたくなくて、不参加にしてしまおうか。などと、
心をよぎっていた自分自身が恥ずかしい。

結局、羅王は3時間59分25秒のサブ4達成。
僕は、4時間9分

ここが違いか〜と本気で叫びました。

ここからは準備の反省点。

17km地点でお腹が空いて、グーグー鳴ってました。

朝におにぎり4つ食べたんですよ。
前日の夜にも、ご飯3膳、インスタントラーメンも食べたんですよ。

でも、お腹減った。。。

グーグー鳴るお腹。

お腹が減ったと感じたら、もう遅い。
減ったと思って食べても、エネルギーになるのは1時間半という話も聞いたことがあります。

ショッツをすぐに叩き込みましたが、

結局、30km地点から、足はぱたっと止まって、キロ7分のペースに。
身体が持たなかったから、気持ちが、頑張れなかったのか、気持ちがなかったから、身体が拒否したのか。

結局、いろいろ頭の中で言い訳を作るんです。

練習が足りなかったから、とか、お持ち7つ食べなかったから。とか、
両足攣りそうだから、とか。

途中で完全にサブ4のタイムを諦めて、私設エイドで、おにぎり3つ、れんこんを炊いたの満喫いたしました。

最後は、ゲップしながら、お腹が鳴る。という意味の分からない現象の中で走る。

○やっちゃダメなこと。
前日にお酒を飲む。
餅を7つ食べない。
必達目標を定めない。

○心の持ち方
やらない理由を考えるのか、
やる理由を考えるのか、
どちらを選ぶかで結果は決まる。

さぁ楽しんでやってみよう。


続きを読む

「すげーぞ自分」という行動を増やす

日々活動をしていて、

「でかした自分」「すげーぞ自分」という行動と

「何してんだ自分」「駄目じゃないか自分」という行動があります。

そんな日々の中で、
「でかした自分」「すげーぞ自分」という行動を毎日積み重ねることができれば、
自分の中だけでも「すげー自分」が出来上がってくるのだと思います。

内なる「すげー自分」を大きくするための行動。

そんな行動を積み重ねるために、
いつもの自分ではちょっとしんどいな。という行動を
増やしていきます。

さぁ楽しんでやってみよう。

逆調教しよう。

好きな音楽、好きな服、好きなものは何ですか?
と聞かれて、すぐに答えられるようになる。

これ、最近の課題です。

自分の好きなものがはっきりと言えない。
もしくは、嫌いなものがはっきりと言えない。

なんだかんだ言ってですよ。
これ好き、って言ったら、誰かにこう思われるんじゃないか。。。
とか、
本当はこういう服をきたいんだけど、人の目があるから、こっちを着よう。
だったりとか。

好みの女性のタイプは女優は?って聞かれて、はっきりと言えないだとか。

周りの目を気にして、好きなことが何かもはっきりと言えない。

言いたいことも言えないこんな世の中じゃ ポイズン
by 反町

言いたいことを言わないという風に自分自身を調教していくと、
言いたいことが無くなってきちゃうのだと思うのです

実際、自分自身がそうなってきてると感じています。
調教済みってやつです。

でもですよ、自分が好きなことって、

最終的には自分が何をやりたいか?自分が何で覚えられたいか?
につながってくるものだと思うのです。

何につけても、これをやりたいか、だったり、
社会の不条理、ココがいやだ、だったり、
会社のここが嫌いだから、なおしていこう。
というのが出てこなくなっちゃうんじゃないか?と思ってしまうわけです。

ということで、自分の好きなものぐらいははっきりといえるようにしておきたいのです。

逆調教です。

さぁ楽しんでやってみよう。

自分のことを見てくれている人の言葉が聞きたい。

「毎日、売上とその店舗のシフトを見なさい。」

尊敬する経営者の方から教えて頂いたこと。

本社、特に管理部門にいると、実際の現場のことがわからない。
けれども、現場のことがわからない管理部はいらない。

「事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ。」は、
青島刑事の名言だが、実際に売場にいる人はそんな気持ちなんだと思う。

だから、管理部は毎日売上とその店舗のシフトをみて、誰がどのくらい売っているのか。
頑張ってくれているのかを見続けなければいけない。

そして、頑張ってくれている人にはありがとうを伝えなければいけないし、売り上げが落ちている人には、どうしたのか聞かなければいけない。

青島刑事が「室井さん、答えてくれ。俺はあんたの指示を聞く」といったのも、
室井さんが青島刑事を見ていたから。

僕自身もそうだが、人は自分のことを見てくれている人の言うことを聞きたい。
自分を見てくれていない人は、自分のことを考えてくれていないと思うから、そんな奴の言うことなんか聞きたくない。

周りが言葉を聞いてくれなければ、どんなにルールや制度を敷いても意味がない。

だから、毎日売上とシフトをみる。

さぁ楽しんでやってみよう。

カッコ良くなる方法

カッコいいなと思う人に、
どうすればおしゃれになれますか?と聞いたら、帰ってきた答え。

「その人らしい服と思われるものを着ること」
「すごく高いものをもっていることを知られていると、ほかに安いものを持っていたたとしても、それなりのものじゃないか、と周りは見てくれる」

カッコよくないなと思う人を見ると、
こうなりたい。こうありたい。こうみられたい。という
思いが服に出すぎてるってことありますよね。
網タイツはいてるけど、ボンレスハムですよ?とか。

周りがどうみているかを想像することと、自分がどうみられているか想像することの違い。

何が違うの?というと、
前者は他人目線。
後者は自分目線。

どちらが成果を残せるかという前者です。

カッコいいんですから。

他人目線を持てるかどうか。

自分目線だけだと甘えがでちゃいますからね。

オシャレも仕事も人生も同じなんでしょうね。

さぁ楽しんでやってみよう。

 

仕事ができるかどうかは、その人の私服をみればわかる。

未来の自分への期待はあったほうがいいのか?いやいや、今の行動への期待のほうが正常なんじゃないかと思う。

過去の自分の積み重ねが、今の自分。
今の自分の積み重ねが、未来の自分。

そんなことを考えながら、今の一瞬の快楽に流されてしまう。
今はしんどい時期だから、、、、ここを乗り越えたら、あれをやろう、これをやろう。

わけて考えるから、逆にめんどくさいことになってしまうんでしょうね。
結局、今日やりたくなかったことは、明日もやりたくないわけで・・・。
今日できないことは、明日もできないわけで。。

1日6時間寝ても、3時間寝ても、今日は今日。
一日一日をどれだけ大切に生きていけるか。

わけて考えると明日の自分に過度の期待をしてしまう気がします。

明日になれば、この環境にも慣れてとか、状況が変わってとか、楽になるんじゃないかって。
けれども、明日は、今の積み重ねなので、大して状況は変わったりしないわけです。

結局、3Knotでもいいと割り切ってでも、少しでもくさびを打ち込んで進むほうが正常な思考なのだと思います。

少しずつでも自分と周りは変わる。

いつか楽になるなんて発想は、カジノにいって、スロット当てて、仕事辞めるぞ!みたいな発想と根本が同じですよね。
カードの分析したりだとか、人の心を読むとか、そんな努力もしてないのに、なぜか未来の自分には期待してしまう。

未来の自分に過度な期待をせず、今の自分の行動に期待して、一方で、大きな目標で目線をあげながら、『神は細部に宿る』を意識して、小さいことにも手を抜かない。

そんな男に私はなりたい。

さぁ楽しんでやってみよう。