De部ウルトラを走る その5 20kmから

Facebook にシェア
Pocket

WS000001

 

約20km地点、最高到達点1908mへ到達。
富士山が綺麗だ。

ただ、ここまで来るには、結構ある。

足場は石だし、砂だし、結構不安定。

ここで役に立ったのは足首テーピング。

危うくグニュッと行きそうになるのを防いでくれる。

来年走る人にはぜひとも進めたい逸品だ。

テーピングしてよかった。

最高到達点を過ぎると、山道での下りが始まる。

下りはDe部の重さが使えるから大好きだ。
しかし、De部の欠点として、自重の重さがある。
普通に走っていてもスリム部の方と比べると足・膝にかかるダメージは大きい。
さらに、カカトから着地すると、自分の体重の何倍ものダメージを食らってしまうのだ。

そこで私は、ベアフットランニングで鍛えたフォアフットを使う。

カカトから着地するランニングは、ドン!
フォアフットで着地するランニングは、フワッ。
こんなイメージだ。

フォアフットで着地することでダメージを最小限にする。

僕の頭の中では受け流す。足が転がる。回転する。

こんな姿を理想としながら走っている。

カカトから着地しない。

大腿四頭筋でブレーキを掛けない。踏ん張らない。

体の軸を斜面に対して垂直に。

そんなことを意識しながら、6分ぐらいのペースで下る。

やはり下りは、スピードを保ちながら距離を稼ぐことができるので好きだ。
そして、結構得意だ。

山道が終わり、エイドに到着。

エイドは本当にありがたい。エイドがなければ完走することなんて出来ないだろう。

ここでいいことを発見する。

梅干しのクエン酸は、疲労回復に有効と言われているが、
純粋に酸っぱくてたくさんは食べられない。

野辺山のエイドでは、シソの葉つけたものも準備してくださっていた。

しそのハッパチョーうまい。心地良い酸っぱさ。
ということで、エイドごとで食べることに決める。

Shotzとしその葉。
これが今回の野辺山を支えてくれた。

チョコレートはまったく欲しくない。

家でゴロゴロしていると何故か一袋がなくなってしまうくせに。
なんでだろう。。。

前回の秩父では、レモンしか受け付けない妊婦さん状態だったから、
そのときどきの体調で食べたいものは変わるのだろう。

その時々で自分の身体が求めているものを食べて走れる。
そんな状態にしておきたいものだ。

ボチボチと走っているとJo仙人と出会う。
おかしい。
こんなところを走っている人ではないのだ。
軽やかにそして爽やかっぽく走るのがJo仙人だ。

どうしたんですか?と聞くと、
膝が痛いので、ロキソニンを飲んだのだが、効くのを待っているのとのこと。
自分の持っているもので使えるものはシェアする。
準備していた大量のロキソニンを渡す。
これだけあれば、再発したとしても走りきれるだろう。

自分用のロキソニンも残して、チームメイトの役に立つこともできた。
事前準備と予備の大切さを実感した。

100kmともなると何が起こるか分からない。
ましてや、準備不足で、De部だ。
どこかに故障がでること、痛みがでることなど予想済みだ。
出来るだけの準備をしておくこと。
準備をしておいて後悔することはないのだ。

さぁ楽しんでやってみよう。