初段プロジェクト初日

Share on Facebook
Pocket

本日は、IGOホールディングスの提供する3ヶ月で初段プロジェクトの初日でした。

今回、6名の仲間と一緒に3ヶ月後に初段合格という目標を達成します。

僕の中では、IGOホールディングスといえば、鮒谷道場生というイメージが強く、
道場関連の人ばかりなのでは???と、勝手に想像していたのですが、

蓋を開けてみると、半数の方が純粋に囲碁で初段を目指しておられる方々でした。
 
このおかげで、通常を思い出したといいますか、

純粋に初段はすごいことなのね…と。

ありがたいことに、トライアスロンと同じで、回りに囲碁初段や五段を穫ると公言しているメンバーが多いため、 なんとかなるんじゃね?という、圧倒的なる勘違いをしてしまっています。

まぁ、せっかくなので、この圧倒的な勘違いは持ち続けて、3ヶ月後に実現したいと思います。

師匠の方々からは、今回は2棋なので、1棋でのPDCAが生かされて、更に合格率が高くなる!とは、全く言われておりません。。。

ただ、前回は「対局・詰碁・棋譜並べ」と3つあった課題数が、対局だけに絞られており、(量という面では)課題数が少なくなっているので、想定していた地獄よりも、気持ちは軽いです。

ただ、ゆとり教育のダメ事例もあることなので、1棋の諸先輩方に負けないように数もこなしていきたいと思います。

とりあえず、初段を合格したら、親父と打って、ボコボコにしたいと思います。

本当にやりたいことは、一緒に打って、二人だけの時間を作りたいってことなんですけど、
男って、お互いなかなか難しい気がするんです。

結局、親父は僕に対して、いつまでたっても親父であり続けるでしょうし、
僕も親父の言葉を、この人の息子として受け止めると思います。

ただ、囲碁を通じてであれば、お互い一人の男として向き合えるのかな?などと考えているわけです。

さぁ囲碁も楽しんでやってみよう。