今の自分に必要なこと

Share on Facebook
Pocket

ここ10年ぐらい自分の正直な気持ちや考えを言葉することしなくなっていた。

簡単なところでいうと、
アイドルでは誰が好き。
これが好き。あれは嫌い。
この言い方は嫌い。
その考え方は違うんじゃないだろうか。
僕はこう思う。それはこうだと思うから。

そんな言葉と使わなくなってしまっていた。

なぜだろうと考えたら、自分の意見の意見をいうことで、誰かに嫌われて、
傷つくことを非常に怖がっている自分がいることに気がついた。

自分の意見を言う=>拒否される=>自分が否定された気持ちになる=>傷つく=>嫌だ
自分の意見を言う=>論破される=>自分の思考が甘かったことを思い知る=>傷つく=>嫌だ

この嫌だという気持ちが大きくなりすぎて、自分の気持ちを直接的に言葉にしなくなった。

特に、嫌い、というネガティブワードをできるだけ封印することにした。

でも、何かが起こった時、これは嫌い。という言葉が湧き上がるときもあるから、
その言葉がでてきたら、一旦の視点から見ることにした。

あの人が嫌い=>嫌いということは自分の苦手だからだ。自分が苦手ということは、自分とは違う考え方をしているからだ。この人は自分が見えていない見方、足りない部分をもっているんじゃないだろうか。この人の考え方を許容することができれば、自分は次のステップに進むことができるかもしれない。
だから、嫌い、じゃなくて許容しよう。好きになろう。 

もちろん、すぐに許容できないこともあった。
そんな中でも、なんとか折り合いをつけようと、別の視点はある?、この出来事のいいところは何?自分はどう考えたら受け入れることができる?自分の気持ちだけじゃなく、相手の気持ちになってみたらどうだろう?そんなことを考え続けた。

だんだん、自分の器が大きくなった気がした。
いろんな見方ができるようになった。
すぐに怒ることはなくなった。

すべての出来事はフラットにすぎない。
すべての出来事は、その見方や、解釈で、プラスにもマイナスにでもすることができる。
気持ちをプラスに持っていくようにしよう。

そしたら、すべてがハッピーじゃん!!!

そんなことを考えていた。

自分の気持ちはコントロールできるから、関係性を維持するために、
相手の100%ストレートな欲求を自分が受け入れるようになっていった。

そしたら、自分の欲求が小さくなっていった。
だんだん、気がつかないうちに自分の考えを素直に言葉にすることができなくなっていった。

でも、俺の器は大きくなってる。成長している。そう考えていた。

でも、ある日突然涙が出てきた。心の練習は一生懸命したはずなんだけど。。。耐え切れない。

自分の中に鬼がいることに気がついた。
俺の心のなかには、どうしても隠せない鬼がいる。

悔しかった。
一生懸命してきたけど、どうしても処理できない鬼がいる。

でも、しょうがない。それが俺なんだ。
仏様や、キリスト、宮沢賢治になることはできない。

なれない自分を受け入れた。

そんなことをしていたから、
自分の中では、いろんな考えを受け入れることができるようになった。
大概のことでは怒らない。
ただ、その代償として、自分の考えを言葉すること、相手に伝えることが苦手になってしまった。

それを今実感している。

けれども、すごくありがたいことに、
今、僕が言語化できてないから、理解できない、
もっと理解したいから言語化にしてほしいといってくれる人がいる。

これから、僕が自分の思いをきちんと言葉にすることができ、それを伝えたとしたと、
その思いが本物なのであれば、その言葉を僕自身として、理解してくれるであろう友人がいる。

今の自分に必要なこと、

自分の本当の気持ちを言語化すること。

さぁ楽しんでやってみよう。