性快説

Facebook にシェア
Pocket

それぞれの人は考え方が違う。

育ってきた環境が違うから。
宗教が違うから。
そして、その時の置かれた状況も違うから。

良いと思っていてもできないこともある。
悪いこととわかっていても、やってしまうこともある。

性善説、性悪説、諸説あるが、
僕にとって、人が生まれながらに善なのか、悪なのかは、
どちらでもいい。

気になるのは、
自分自身も含めて、いいと思っていることを何故出来ないのだろう。
悪いと思うことを何故やってしまうのだろう。
ということ。

今の自分の結論は、人は自分の気持ちのいいことをする。

自分が快を感じることを選ぶ。

朝の二度寝はやらないほうがいいけど、気持ちいいからやっちゃうし。
飲み過ぎないほうがいいんだけど、気持ちいいから飲んじゃうし。

では、いかにして、その快を自分がやりたいと、自分がありたいと思う状況と結びつけるのか。

やりたい、やるべきことをやることが「快」であることを躾けること。
もしくは、いまやっていることが「快」であるという理由付けをきちんと言語化しハラオチすること。

毎日がキモチイイ!!!とドーパミン、吹き出しまくってる奴と
しかめっ面で明日のために今日は我慢すると言ってる奴

どっちの人生を過ごしたいか。

童話アリとキリギリスでは出てこないけど、
毎日キモチイイ!!といって、仕事してるアリはいる。
自分はそうありたい。

さぁ楽しんでやってみよう。