人生初碁会所

Facebook にシェア
Pocket

人生には、多くの初めてがありますが、
昨日、今生で初めての碁会所を経験してまいりました。

おじゃましたのは、
いずみ囲碁ジャパンさん。
棋品・清潔・普及がモットーの囲碁サロンです。

場所も、東京駅八重洲口から地下で直行と、
ものすごくアクセスのいいところにあります。

初めての碁会所なので、ビクビクしながら、恐る恐るドアを開けたのですが、

開けた瞬間に驚きました!!!
キレ~、広い~、爺ちゃんばっか~

僕の中での碁会所のイメージは、地下で、狭くて暗くて、タバコの煙がモクモクとしてるイメージだったのです。打ってる人の中には、ちょっと危なそうな人何人がいるみたいな。

そんな、僕の既成概念をいい意味でぶち壊してくれました
いずみ囲碁ジャパンさん

整理整頓は徹底され、机はピッカピカ。
そして何より広い。

ここって、東京駅前の一等地ですよね?家賃いくら何ですか????
って聞きたくなるぐらい広いです。
井桁師匠によると、200人ぐらい入りますかね。ですって!!!
聞き間違えかもしれないけれども…。

そして、その広い会場に、木の碁盤がズラッと並んでいる姿は圧巻ですね。
いつもは革の簡易?碁盤で打ってるので、木の碁盤に打つのは初めてです。
ここにある碁盤は、「カヤ」、「新カヤ」かな?(ヒカルの碁で覚えた碁盤の木の種類)

まぁ、入るだけでテンション上がりました。
3ヶ月後にはここに来ても恥ずかしくない棋力をつけるぞ!!と。

ただ、碁会所におられた方々が、ご年配の男性ばかりってのは、どうしても気になりました。
10年後で、囲碁が打てるぐらい元気な人は、何人になるんだろう?

若い男性、女性は、ネットに潜んでいるんでしょうかねぇ?

大丈夫か?囲碁界。
まぁ、この囲碁界を変えるのは、IGOホールディングスしかないでしょうね。
もちろん、自分も友人を囲碁に誘えるぐらい、囲碁の楽しさ、魅力を満喫して、伝えていきたいとと思います。

さぁ楽しんでやってみよう。