真摯に対応したと答えられる人間でありたい

これまで、数々の失敗をしてきた。

これからもたくさんの失敗を重ねていくのだろう。

もちろん、今まで出会った問題には、
成功したい、解決したいと思って、
取り組んできたし、挑戦してきた。

けれども、その時の自分のちからが足りなかった、配慮が至らなかったから、
失敗をした。

そのちからのなさ、配慮のなさを咎められるときもあるだろう。

その時に、自分のことばで、
問題に対して、相手に対して、自分に対して、
真摯に対応したと答えられる人間でありたい。