日本最大の湖を泳いた件 その①

Facebook にシェア
Pocket

8月の最終週に
琵琶湖クロススイムに参加してきました。

琵琶湖の東西の雄、高島市→彦根市へと
1チーム6名で 6時間以内に泳いで渡るというリレーレース。
ルールは、最初は一人30分ずつ泳ぎ、その後は10分毎に交代するというシンプルなものです。

 

グーグル先生によると、琵琶湖のウエストは約16kmということ。
単純計算で一人の担当は、2.67kmとなります。
もちろん、一直線で泳ぐことなんてできませんから、一人3kmは泳ぐことになるでしょう。

Image

一年前の僕であれば、その距離に恐れおののいていたでしょう。
3kmなんて泳げるわけ無いじゃん!と。

しかし、今の僕は、宮古島トライアスロン、長崎五島バラモンキングというロング2本を完走した経験があります。
それぞれ、スイムで3km、3.8kmをおよいだ実績があるわけです。

海に比べれば、湖なんて、波も小さいだろうし、水もしょっぱくない。
しかも30分泳げば後は10分交代なんて、 楽勝でしょう!!!

 

前日の琵琶湖試泳。

 

そんな浮ついた僕を琵琶湖は優しく受け止めてくれました。

その日の琵琶湖は風により波が発生しており、その波がピチャピチャではなく、うねりのように
2メートルの波として襲ってきます。

 

カッコだけでもOWSっぽくするためにウェットスーツ無しで泳いでみたところ、
私の体に標準装備している腹回り浮き輪が全く機能しません。


僕の腹回り浮き輪は高機能で、海であれば、ちょっと搔くだけで、浮くことができるのです。
プカプカチャプチャプできるのです。


しかし、琵琶湖ではそれができない。
このフローボティをもってしてもビクとも浮かない。


沈む。。。おもりを背負っているとしか思えん。。

 

そして、浮かないから必死でバチャバチャしている状況で襲ってくる波。


しょっぱくはない。
たが、鯉の死体が浮いている飲みたくはない水をしこたま飲むことになりました。


スイムで初めて死を意識しました。
あー無理、溺れる〜、これ死ぬ。


結論、
明日、絶対ウェット着る。


そう思った琵琶湖クロススイムの前日。