今、この瞬間を生きるために、「今、自分の感じている感情に蓋をしないこと」やってみませんか?

Facebook にシェア
Pocket

今ここを生きるための方法として、

禅、マインドフルネス、SIY、瞑想など、沢山の方法が世の中には溢れています。

 

それらの方法は、素晴らしいのだと思うのですが、

私が、今、やっている「今を生きるため」にやっている方法は、すごく簡単です。

「今、自分の感じている感情に蓋をしないこと」

 

胸の奥にある自分が今、本当に感じていることを

素直にそのまま出してみる。

もしくは、その感情をより大きくことばにしてみる。

 

嬉しければ、よっしゃーうれしー!!!

悲しければ、ぐすぐす、、、悲しい…。

楽しければ、すげーメチャクチャたのし~!!!

悔しければ、うごォ~~くやしい!!!

 

なぜ、そんなことをやっているかというと、

私は、今まで物事について、

「ポジティブに捉えることが常に正しい」と考えて、

それを実践してきました。

 

自分自身が傷つき、本当に泣き叫びたいときも、

相手の立場にたてば、そうすることも仕方ない、自分が至らなかったのだ、

自分を高めるために、神様が与えてくれた素晴らしい試練なのだ、とずっと考えていたんです。

 

けれども、それらの思いは、私の中では昇華しきれてませんでした。

ずっとずっと、私の心の奥底に、澱みづつけ、ぶすぶすくすぶり続けました。

 

そんな思いには、蓋をしなければならない、

そして、その思いに蓋をしようとするたびに、

こんなネガティブなことを考えてしまうのは、

自分自身の心の修行がたりないから、こんな気持になってしまうのだ。

 

もっとポジティブに、さらにポジティブにと、自分自身を追いこんでいました。

そして、それができない自分を責めてもいました。

そんな状態では、今を生きることなんて出来るわけがないのです。

今の自分を否定しつづけているのですから。

 

それに対して、「今、自分の感じている感情に蓋をしないこと 」 は、今の自分の感情を肯定する行為です。

今、自分が感じている感情は、真実そのものです。

 

その真実そのものをあなたは100%信じることは出来るはずです。

 

あなたの感情はあなたにしかわからないことだし、誰かに否定されることでもありません。

 

例えば、あなたが「嬉しい!!!」って思い、その嬉しさを口に出したとき、

誰かから、「いや、それは違う。あなたは悲しいはずだ!」って言われたとしましょう。

あなたは、「いやいや、私が嬉しいって感じて、嬉しいって行ってるんだから、嬉しいんだよ」と100%の自信を持って答えることが出来るでしょう。

しかし、「感情に蓋をすること」が癖づいてしまうと、それができなくなるんです。

自分は「嬉しい」と思っているのだけど、あの人が「悲しい」と言っているのだから、私は「悲しい」のかもしれない。

感情は「イヤ」なんだけど、空気読めば、「アリ」なのかもとか。

それは、ポジティブの感情であっても、ネガティブな感情であっても同じだと思います。

そうすると、100%絶対であるはずの自分の感情に対してすら、疑いを抱くようになります。

 

この感情という物差しを放棄し続けた結果、

人は、「今この瞬間を感じること」ができなくなってきているのだと、私は考えています。

 

今、この瞬間を生きるために、「今、自分の感じている感情に蓋をしないこと」やってみませんか?