どうやら、高齢化社会というのは。

どうやら、高齢化社会というのは、

僕の想定しているより、はるか上の角度で恐ろしいらしい。

 

先日、

現在、スタンフォード大学で勤務されている池野文昭先生が

大学を卒業されてから、9年間、勤務された地方での体験談をお聞きした。

 

現在の日本の高齢化率は27.5%。

池野先生が当時勤めておられた地方では、

高齢化率が40%だったという。


町の青年団の会長が、58歳だというのだから、

どのくらいの高齢者が多いのかは、推して知るべしだろう。


このまま行くと、2040年から2045年には、日本の平均高齢化率が40%になるという。

老人が老人を介護し、独居老人、痴呆老人が増える社会。

町の産業はなく、みんな社会保障で生きており、税収はない町。

その町には老人ホームはなく、となりの比較的高齢化率の低い町の老人ホームへ、

おじいちゃん、おばあちゃんを輸出する町。


池野先生は想像を絶する世界と話されていた。

ただ、僕には、まだ想像つかなかった。

 

僕が28歳でまだ地元にいたころ、 地元の青年団も親父の次の世代である

40~50代が主軸を張っていたからだ。

彼らはまだまだ元気だった。


けれども、それはもう8年も前の話から、勝手に想像している元気な父親たち。


父は、まだまだ大丈夫と思っていても、

それは今の父ではなく、8年前の父。


それだけ、距離と時間が空いてしまっている。


海外旅行が当たり前の世界になったといっても、

東京から広島に行くのに、新幹線片道で、時間として4時間、2万円ぐらいかかる。


電話や、スカイプなどで、声の距離は縮まったのかもしれない。

ただ、身体の距離はまだまだ離れている。


今の地元は、現実は確実に変わっているのだろう。


僕が知っている一番身近な高齢者は、ばあちゃんだったが、

僕はそのときにはすでに地元を離れていて、その実情を知らない。


2040年は、ちょうどAIが人間の知能を超える時、シンギュラリティーが来ると言われている年。


僕は、今、確実に想定されている高齢化社会という未来に対して、何をするのか。

AIがこの問題を解決してくれることを待つのか、それとも、自分で何かの一歩を踏み出すのか。


僕はまだ勝手に間に合うと思っているのだけれども、

それは地元の今を見ていない勝手な僕の理想世界。


ただ、地方を故郷と思うものとして、故郷を捨てたと思いたくない気持ちだけは、

今、間違いのない事実。


じゃあ、僕は何をするの?

現時点で、まだ、答えはでていない。


だからといって、その答えを他人にもとめても、それは僕の答えではない。

常に自分で答えを探していないと、その答えは絶対に出てこない。

 

そう、僕たちは自分で考えて、答えをだすしかない。