身体は目標を達成するために重要なリソースである。

15年前に首のヘルニアを患ったのだが、どうも疲れてくると
右手にしびれが出てくる。右手、右肩に気持ち悪いので、グルグル回す、伸ばす。
仕事中に突然行うため、隣のHくんが「なんだこの変態」という目で見てくる。
そうなると仕事に支障が出てくる。
「変態」という視線を十分に味わった後に、整体に行く。

最近も右手にしびれが出てきたので、整体に行った。
いつもは神楽坂のウナギ整骨院にお世話になっているのだが、
神楽坂までの移動が手間だったので近くの整体にいった。

「ガチガチですね。ここまで硬いのは初めて見ました」
先生が妙齢の女性であったので、褒め言葉かと思ったが、
よく考えるとズボンは脱いでいないので、
純粋に整体師として身体の危機を教えてくれたのだ。

「首が全く動いていません」
本人としてはそんな気はまるで無いのだが、どうやら動いていないらしい。

鉄砲みたいなマシンで、バン!と刺激を与えつつ、
エッサホイサと30分間マッサージをしてもらう。

なんだか右手が軽くなったみたいだ。
あの気持ち悪さが少し抜けた。

元気に産んでもらえて、フルマラソン、トライアスロンといろいろやってきた。
しっかりとした身体だ。
だから、あることが当たり前と考えていた。
そうじゃない。健康は突然無くなる。事故はいつ起こるかわからない。

身体は目標を達成するためのリソースた。

そう考え、ケアをもっとしっかりしよう。