レーシック体験記⑧

【スペック】
38歳、男性、両目ともソフトコンタクトの-10.0(裸眼視力0.04らしい)
裸眼で本を読むには、顔と本の距離が10cmぐらい。
2017年12月30日にレーシック手術を受けてきたので、
その記録、記憶を残しておきます。

 

————————————-

品川眼科クリニックの一日レーシックは、

午前中の検診、検査が終了した午後に手術が行われます。


僕の場合は、10時に検診がスタートし、13時に検診が終了しました。

手術は17時から、16時に病院に帰ってくるように指示されました。

 

ずっと気になっていた、銀座の「俺のダシ」で初めてそばを食べました。

安い、美味い。けど、狭い。

 

年末の昼、超満員の中で、体重90キロの漢が立ち食い。

友達と来ていたり、飲みながらであれば気にならないのだろうけれども、

何もなく、あの狭さで待たされるは結構辛い。

ちょっと大きくなりすぎたかな…。

 

食後のコーヒーぐらいはゆっくりしたいと思い、帝国ホテルの17階のラウンジ アクアでコーヒーを飲む。

コーヒーが1杯1600円だが、おかわりも自由だし、何よりもスペースが広い。

スタバなどで場所取り合戦をするよりも、落ち着くことが出来るので、コスパが非常によい。

昔、「スタバではグランデを買え」という書籍で、ショート→トール→グランデのサイズの違いは、240cc→350cc→470ccなのに、

価格の違いは、40円ずつ、ショートとグランデは、2倍量が違うのに、価格が80円しか違わない。

コスパを考えるなら、グランデを買いなさい、と書かれていました。

それを読んでから、僕はスタバでは常に、グランデ、いえ、一番大きいベンティを買うようになりました。

そして、ラーメン屋で大盛り無料と書かれていると、大盛りにしたくなる病になりました。

本当は量でコスパを考えるのではなく、自分が一番美味しいと思って飲める量を購入すれば、それが一番パフォーマンスが高いのです。

 

って、レーシック全く関係ない。

 

帝国ホテルで書いたノートには、

————————————-

眼鏡をかけないと車の運転ができないらしい。

まぁ今までに比べて、自由に眼鏡を選べるようになった。良しとしよう。

それよりもこのコンタクト、メガネから解放される喜びのほうがどれだけ大きいことか。

何かが起きた時に、人の役に立つ人間でありたい。弱い人を助ける事のできる人、守ることので切る人になりたい。

————————————-

と書いていた。

もしも、東京でも地震が起こった時、北朝鮮からミサイルが飛んできた場合、

今までの視力ならば、コンタクト、メガネがなければ、人を助けることなんてできない。

むしろ、コンタクトもメガネもなくて、人に助けてもらわなければならないかもしれない。

もちろん、自分が困ったときは助けてもらうのだけれども、漢として、人を助ける、守る事のできる能力は有しておきたいと思う。

————————————-

さぁ楽しんでやってみよう。