大雪でも大丈夫だった話

Facebook にシェア
Pocket

今日、東京は大雪でした。
職場も、電車が止まるから、早く帰れる人は帰るようにというお達しが出ました。
私は、急ぎの仕事というか、ねばならない仕事があったため、早めの帰宅はできず、
とりあえず、自分の仕事にケリが着くまで、仕事をして帰ることに決めました。

周りのみんなは、家が遠いこともあるのですが、電車が止まりそうだ。
と、急いで帰っていたのですが、駅で1時間~2時間まったようです。

 

僕は、電車が止まっているのであれば、12kmぐらいだし、歩いて変えればいいや。

大丈夫。

対応できる。

と考えていました。

先程帰宅しましたが、駅でも全く混むこともなく、電車もガラガラで乗ることができました。

 

9月に熊本に行った際に、

その帰りの便に、台風の来日がドンピシャであたり、
飛行機が東京到着するときに、台風が東京に到着するという状態になりました。

僕は、翌日の朝には、遅れず出社したかったため、

日曜日の最終便を、翌日の始発に変更しました。

これで、月曜日の朝に遅れずに出社できるぞ!!
俺は段取りの組める人間だ!としてやったり、と考えていたのです。

 

しかし、朝、6時に空港に向かい、始発の飛行機に乗ろうとすると、、、

欠航の文字…。???

なぜだ。。。俺は最高の段取りを組んだじゃないか!

 

話を聞くと、
熊本→東京の最終便は時刻は遅れたけれども、東京まで向かい、
東京→熊本の最終便が、遅くなりすぎたために、出発できず。
朝一の熊本→東京の飛行機は、飛行機が熊本にないために、欠航。

ということでした。

 

この差は何だったのか???

僕は、心が「どういう状態の気持ちを持っていたか」が、現実の結果に影響したのではないかと思います。

今日の僕は、「なんとかする、なんとかなる」という気持ちを持っていました。だから、大丈夫だった。
熊本の時の僕は、「遅れたらどうしよう、帰れなければならない」という風に恐怖に支配された気持ちを持っていました。

だから、飛行機が飛ばず、遅れた。

根拠があるわけではないですが、心が「できる、大丈夫」という気持ちを持っていれば、上手くいくし、
「できない、上手く行かない」という状態の気持ちを持っていると、その通りの答えが返ってくるということ。

「計画は悲観的に。実行は楽観的に」という言葉があります。

悲観的に計画するといっても、「最悪のパターンとして、こうなったとしても、このように対応する」という計画を立てているわけですから、
「失敗したらどうしよう…。」と言うように失敗の気持ちではありません。

 

サムライ塾でも、最悪こうなるかも、認識を持ち、対策を取ることで、
「先の先をとれ」と学びました。

最悪のシナリオになったとしても、なんとかなるような計画を立てることは、
心には大丈夫という気持ちを植え付けることができる。
「先を取られて、負けたらどうしよう」ではなく、「先を撮られたとしても、こうなったら逆転できる」と、
先の先をとり、そうならないように準備していく。
それも、悲観的にならず、天が引き寄せられたくなるような気持ちで。
天が「こいつのとこやったら、楽しそうやし、行ってやってもいいかな」と思われるくらい楽しそうに、準備すること。

大丈夫。
うまくいく。

 

さぁやってみよう。