大いなる何かがあるとしても、自分が想像し動きださなければ、現実化はしない。

Facebook にシェア
Pocket

最近、易を見てもらったり、スピリチュアル系についての本を読んでいるのですが、
そのたびに、自分を超えた大いなるなにか(それは大宇宙、サムシング・グレート、タオ)があるのではないかと考えさせられるのです。
科学でもわかっていないことがあるこの世界、ましてや、自分の知っていることなんて微々たるものです。

ただですよ。
大いなる何かが流れているのであれ、
あなた自身に、向いていること、向いていないことがあるのであれ、
あなたに中にトラウマ、ビリーフがあるのであれ、
あなたが心理的に弱いのであれ、
なんであれ、あなたが思い描き、動き出さないと、
周りから与えられた世界でしか生きることができません。

辛いかもしれないけれども、
走りださなければ10kmは走れないし、10km走れれば、20kmも走れるようになるだろうし、
すこしずつでも距離を伸ばしていける。
気がついたら、遠くまで来ていたということもある。
一日で100kmも走れる。


自分の人生を、他人に任せる事もできるし、大いなる何かに任せる事もできる、
けれども、あなたがやりたいことは、あなた自身がやると決め、動き出さなければ何も始まらない。
いつまでにやり遂げると決めなければ何事も進まない。
利他がすばらしい、と言っていても、利他利他言っていたら、誰かに利用されるだけの人生になる。


今を必死で立ち向かったのであれば、それが自分の考え方のバグだったのか、視座が低かったのか、見通しが甘かったのか、
原因に気づく事ができるのだと思うのです。

大いなるものがあるとして、
最終的に気づくことができるのだと信じています。


大いなる何かがあるとして、
自分を信じきりましょう。

二度とない人生だから、大丈夫、さぁ楽しんでやってみよう。