スピ系を信じるけど、信じない。

人知を超えたもの(サムシング・グレート、神、霊、死後の世界)などなど、
今の自分に、その他の人達にも認識できないものは、多々あるのだと思います。


実際、未来、過去については、思考が生み出した幻想であることもわかります。
それが恐怖を生み出すことも、淡い期待を持たせて、現実を希薄化させていることも、認識できてきました。

ただ、現在の行動を元に出てくる結果というのは、多分に大きくはずれないことは確かです。

今までと全く同じ行動をして、弁護士になることはできません。
弁護士になりたい!と理想を頭に描きながら、潜在意識にまで叩き込むほど、思っている人が、毎日何時間も勉強するからこそ、試験に合格されるのでしょう。
思考は現実化するというのは、本当のことなのだと思います。思考を現在まで落とすことが必要なのだと思います。
理想をイメージすることは、エネルギーです。


そして、いまここも現状維持というエネルギーを持っています。
理想のイメージのエネルギーを少しずつ、いまここに加えていくことで、少しずつ理想に近づいていくのだと考えています。

 

ここまでは信じる理由です。

ここから信じない理由になります。


スピリチュアル系には、「私には見える、わかる」って方がいます。
実際、本当にその方には見えているのだと思います。
残念ながら、僕には今は見えないので、その言葉を否定することはできません。
(というよりも、ないものをないと証明することは「悪魔の証明」と言われるぐらい困難です)
そして、相手は、自分にしか見えていないという有利な立場+相手の心をコントロールする術にも長けている。
こうなると、すべて相手の場になってしまいます。


信じていまいが、「あなたの人生に悪いことが起きます」と悪いことを言われれば、それを除こうとするのが人の心です。
そこまで高い金額でなければ、払う人もいるかもしれません。
安心を買ったとするのです。

問題は、本当に信じ、それを買わないと幸せになれないなどの強いコントロールを行ってくる場合です。
比較対象がないので、自分には値決めする権利がなく、すべて相手の言いなりです。

そして、既にそういう高価なバックエンド商品を出してくる時には、消費者の教育は完了しています。
価格交渉権がまったくない場面でお金のやり取りをすることの愚。

もちろん、信じる者は救われるということもありますので、すべてが悪いというわけではありません。
一番の問題は、幸せを得る方法を相手に全て委ねてしまうことなのだと思います。

 

二度とない人生だから、さぁ楽しんでやってみよう

————————————-

今日のラン 9km(月間目標 28.9km/200km 2月28日まで)

————————————-