レーシック体験記⑪

【スペック】
38歳、男性、両目ともソフトコンタクトの-10.0(裸眼視力0.04らしい)
裸眼で本を読むには、顔と本の距離が10cmぐらい。
2017年12月30日にレーシック手術を受けてきたので、
その記録、記憶を残しておきます。

————————————-

レーシック手術を受けた後、目はシクシクと痛い。
ヒリヒリといえばいいのか?
目を開けることが辛いので、基本を目は閉じている。

でも、目を開けると見えるのだ。

今までとは違い世界の香りがする。

しかし、目が痛い。開けられない。


「長浜さん、こちらに来てください」

と声をかけられるが、

「目が痛くて、開けれません!」と純粋に伝える。
すると看護婦さんはそそくさと目薬を指してくれた、ふわっと痛みが和らぐ。

痛ければ、我慢せずにこれを使えばいいんだ。
マラソンでは、ロキソニンを躊躇せずに使うくせに、へんなところで痛みを我慢するくせがある。
これも自分のバグだな。

同じく手術を受けた人達で集められ、これから使う目薬4種類と、保護用メガネを渡される。
痛み止めの目薬は、明日の検診までしか使ってはならないらしい。
それ以後に使うと、手術の失敗のアラートとしての痛みを感じることができないからだそうだ。
マラソンでロキソニンぶち込みまくって、次の日に異常な筋肉痛、膝の痛みを味わうため、追いロキソニンを当たり前としている自分には、痛い指摘だ。

 

保護メガネは手術日から一週間寝るときにもつけなければならないとのこと。
無意識に目を触ってしまうのを防ぐためだとのこと。
めんどくさいけど、業務用のチョコレートを買うと無くなるまで食べ続けることのように、無意識の自分はコントロールすることができない。
ある状況下での無意識の自分をコントロールすることができないのであれば、その状況を作らなければよいのだ。

意識の自分で、「業務用のチョコレートを買わない」というルールを作ったように、
無意識の自分の行動をブロックする仕組みを作らなければならない。

という説明を一通り受けて、電車で帰宅。

 

帰宅中に街灯をみると、ぼやっと光の線が見える。
これがハロー・グレアだろう。
けれども、こんなもの、目が見える事に比べたら、本当に些細な事だ。

手術後は常に目が痛い。
大丈夫かなと若干心配になるが、痛み止めの目薬をジャバジャバと使うことで、痛みは回避できる。
それでも、目を開けておくことは辛いので、さっさと寝る。

次の日の朝。

 

全てがクリアに見える世界。
前日の白い靄がウソのようになくなった。
痛みも殆ど無い。
朝日が眩しく、清々しい世界。
検診のため、再び有楽町へ向かう。

 

手術翌日の視力検査は、右1.5、左も1.5。
十分見える。これならメガネもいらないですね、と先生からも太鼓判をいただく。
世界が全て明るい。
それもそうだ。
1.5を見えたことは、メガネをかけても、コンタクトをつけていてもなかったのだから。


目が見える事がこんなに満ち足りた気分になるなんて全く知らなかった。
なぜ、僕はもっと早くやらなかったのだろう、と思う。
まぁ、そのときはそのときで怖かったのだ。いつか、レーシックをうけたいなとは思っていた。
けれども、ずっと怖かった。
今回も怖かったけど、東京にいる今のタイミングを逃すと、ずっとメガネで過ごすことになるかもしれないと思ったから、決心しただけだ。

何事にも怖さがある、だから、期限をきる必要がある。
「いつか」といっていたら、一生やらない。


これからの未来になって、レーシックに変わる新しい技術が生み出されるかもしてない。
レーシックがもっと安くなって、5万円くらいで受けれるようになるかもしれない。
レーシックを受けても視力が弱くなるかもしれない。(といっても、0.04まで下がることはないだろう)
ハロー・グレアが今よりももっと辛くなるかもしれない。

といっても、未来のことなんて、誰にもわからない。

 

いつかはこないのだ。
人生は「今」しかない

今この瞬間を生きるために、
視力が僕と同じ0.1以下の人には、レーシックを超絶おすすめしておく。

※もちろん、自己責任が大前提です。

————————————-

さぁ、たのしんでやってみよう。

レーシック体験記⑩

【スペック】
38歳、男性、両目ともソフトコンタクトの-10.0(裸眼視力0.04らしい)
裸眼で本を読むには、顔と本の距離が10cmぐらい。
2017年12月30日にレーシック手術を受けてきたので、
その記録、記憶を残しておきます。

————————————-

レーシックの手術は、

①フラップの作成
・開眼器でまぶたを開き、レーザーでフラップ(ふた)を作成する。

②レーザーによる屈折矯正
・フラップを開けて、角膜にレーザーを照射し、角膜を削ることにより、屈折率を調整する。

という2つのステップから構成される。

 

レーシック経験者に
「レーシックの手術ってどうなの、怖くないの?」
聞くと、
「レーザーを当てるんだけど、赤い光みたいなのが見えるだけで、別になんともないよ」
という②に関する声が多く聞かれる。

僕もそんなもんなのかと思っていたのだが、
実際はちょっと違った。

 

②は別に怖くない。
怖かったのは①、
その中でも、開眼機がめちゃくちゃ怖かった。


僕は90kgというデカイ身体を持ちながら、小さい頃から、内気で臆病でシャイな人間だ。
この臆病さは、もちろん、目の検査のときにも当てはまる。

 

視力検査のときに、プシュッと目に空気を当てる機械があるが、瞬間的にまぶたを閉じてしまうため、必ず再測定が実施される。
むしろ、プシュが怖いから、プシュっとされる前に目を閉じているといっても過言ではないだろう。

 

そのくらい臆病で、すぐ目を閉じてしまう僕には、
開眼器はかなり過酷な代物だった。

 

フラップの作製のための部屋に移動して、手術台に寝るように指示される。
まず、頭を固定させてから、目の周りを消毒して、その後に麻酔の目薬を入れられる。

次に開眼器の登場だ。

 

視力0.04の僕には見えないのだが、つけられた感覚では、望遠鏡の覗くところの先っちょのようなもの。
丸っこいものをまぶたを開いた状態で固定される。

 

そして、これからフラップの作成に入るのだが、ここが一番怖かった。
この望遠鏡の先っちょみたいなのが、ぐぅーーーって、ものすごい力で押さえつけられるのた。
目を固定するためなのか、痛さはないのだが、圧力が凄い。
目に見える景色は、緑のぼやけた光。
アラフォーの漢が、手はぎゅーっと握りこぶしで、声を上げそうになったぐらい怖かった。

 

両目のフラップ作成が終わると、次の部屋に連れて行かれる。
次は、レーザーによる屈折矯正。
このステップで怖いところは、フラップをめくった瞬間がわかること。
光を見ていてくださいと説明され、水みたいなのが目に注がれたと思ったら、
急にペロッと、急に視界がぼやけるのだ。
あ、めくったな、と感じることが出来る。
めくられている間は、ぼやけたまま、光を見る。
そして、髪を焼いたような匂いが鼻をつく。
あ、、焼いてんだと感じることが出来る。
ちなみに痛みは全く無いので、怖いことはない。

 

両目共屈折矯正が終わり。看護婦さんに連れられて、待合室へ移動。
15分ぐらいお待ち下さい、と声をかけられる。
純粋に目が痛い。
ちょっとだけ目を開けてみる。

「あれ、見える気がする」

白くモヤがかかっているような状態ではあるが、
メガネをかけたかのように見える。

————————————
3回ぐらいで書ききるつもりが、ダラダラと書いてしまった。
次が最後になります。

 

さぁ楽しんでやってみよう。

レーシック体験記⑨

【スペック】
38歳、男性、両目ともソフトコンタクトの-10.0(裸眼視力0.04らしい)
裸眼で本を読むには、顔と本の距離が10cmぐらい。
2017年12月30日にレーシック手術を受けてきたので、
その記録、記憶を残しておきます。

————————————-

帝国ホテルで最後のひとときを過ごし、ゆったりとした気持ちで品川近視クリニックへ、

これから、レーシック前、最後の検査が始まる。

 

最後の検査といっても、午前中とおこなうことは変わらない。
視力板を矯正メガネをつけて、再度視力を測定するだけ。
「レーシックすると、これぐらいですね」と言われる0.7の視力は、僕にとって十分満足出来るものだった。
吾唯足知

 

先生の診察の際に、もう一度脅される。
「あなたの視力では、レーシックで削れる角膜のギリギリまで削ることになります。
もう一度手術することはできません。
角膜を沢山削るので、ハロー・グレアと呼ばれる現象も強めに出る可能性が有ります。
本当であれば、眼球にレンズを入れる手術をおすすめします。価格は60万です。」

「右目の視力が弱いので、右目は0.7ぐらいしかでないかもしれません。左目と右目の差が大きいと疲れるので、

左目も0.7ぐらいに調整でよろしいですか?」

 

「肚は決まってます。やってください。」

なんて言ってない。

「はい、それでいいです。」

自分のことなのに、左右差があると疲れるとか考えたことがないので、よくわからない。

しかも、これは午前中の最後の診察に言われたことだった。

視力検査が終わり、手術に向かう。

トイレを済ませ、荷物や、金属関連のものをすべてロッカーにあずけ、髪の毛を包むキャップをかぶり、

手術スペースへ移動する。

 

手術スペースで最後の診察が入る。

先生「最終確認ですが、左目は少し弱めでいいんですね?」

僕「右目の視力が出ない可能性があるので、それに合わせて調整すると聞いています。弱めでいいです」

先生「大丈夫だと思いますよ。数マイクロ削るだけ、見え方は変わります。1.5ぐらいでるんじゃないですか」

 

え、、、なんだ、なんだ、病院全体でツンデレなのか?

過度な期待をもたせすぎず、適度な恐怖を加え、価格の高いコースに導き、最後の手術直前に緩和させる。

患者の心理を読みきったアップセル、、そして、最後に安心をあたえ、手術への緊張を緩和させる、素晴らしいリスクコントロール。

 

僕は一安心しながら、手術待合室で待つ。
手術後の沢山の人が出たり入ったりしている。
固く目をつむった人が看護婦さんに手をひかれながら入ってくる。

そして、15分ほど安静にしていてください、と言われている。

この人達、手術が終わった人だ、痛かったのかな、どうなのだろう。世界はどう変わるのだろう。

 

ついに、僕の名前が呼ばれた。いよいよ手術だ。

————————————-

さぁ楽しんでやってみよう。

両親の生まれた年を覚える方法

先日、両親の生年月日を聞かれ、誕生日はわかるんだけど、

年度が昭和何年だったかを、完全に忘れてしまっていた。

 

昭和24年だった気がするけど、合ってたっけ???

Evernoteも探したけど、メモってなかった。

う~む。

結局、母親に電話。

 

今は、evernoteにもメモったし、忘れても大丈夫なんだけど、

ふと、覚え方を思いついた。

 

自分の生年月日-僕が生れた時の両親の年齢

で算出出来る。

 

僕は父親が30歳の時に生まれたので、

父親は昭和24年生まれ、

母親は父の1学年下なので、昭和25年。

 

お父さん、2日前だったけど、

69歳の誕生日おめでとう。


あなたが生まれていなければ、そして、お母さんと結婚していなければ、僕は、今、存在していません。

そして、僕ら兄妹を育てるために、鬱になるまで、仕事を頑張ってくれたんだよね。

 

育ててくれて、ありがとう。

感謝しかありません。

本当にありがとう。

 

もう少しわかりあいたいから、

もう少し元気で長生きしてください。

レーシック体験記⑧

【スペック】
38歳、男性、両目ともソフトコンタクトの-10.0(裸眼視力0.04らしい)
裸眼で本を読むには、顔と本の距離が10cmぐらい。
2017年12月30日にレーシック手術を受けてきたので、
その記録、記憶を残しておきます。

 

————————————-

品川眼科クリニックの一日レーシックは、

午前中の検診、検査が終了した午後に手術が行われます。


僕の場合は、10時に検診がスタートし、13時に検診が終了しました。

手術は17時から、16時に病院に帰ってくるように指示されました。

 

ずっと気になっていた、銀座の「俺のダシ」で初めてそばを食べました。

安い、美味い。けど、狭い。

 

年末の昼、超満員の中で、体重90キロの漢が立ち食い。

友達と来ていたり、飲みながらであれば気にならないのだろうけれども、

何もなく、あの狭さで待たされるは結構辛い。

ちょっと大きくなりすぎたかな…。

 

食後のコーヒーぐらいはゆっくりしたいと思い、帝国ホテルの17階のラウンジ アクアでコーヒーを飲む。

コーヒーが1杯1600円だが、おかわりも自由だし、何よりもスペースが広い。

スタバなどで場所取り合戦をするよりも、落ち着くことが出来るので、コスパが非常によい。

昔、「スタバではグランデを買え」という書籍で、ショート→トール→グランデのサイズの違いは、240cc→350cc→470ccなのに、

価格の違いは、40円ずつ、ショートとグランデは、2倍量が違うのに、価格が80円しか違わない。

コスパを考えるなら、グランデを買いなさい、と書かれていました。

それを読んでから、僕はスタバでは常に、グランデ、いえ、一番大きいベンティを買うようになりました。

そして、ラーメン屋で大盛り無料と書かれていると、大盛りにしたくなる病になりました。

本当は量でコスパを考えるのではなく、自分が一番美味しいと思って飲める量を購入すれば、それが一番パフォーマンスが高いのです。

 

って、レーシック全く関係ない。

 

帝国ホテルで書いたノートには、

————————————-

眼鏡をかけないと車の運転ができないらしい。

まぁ今までに比べて、自由に眼鏡を選べるようになった。良しとしよう。

それよりもこのコンタクト、メガネから解放される喜びのほうがどれだけ大きいことか。

何かが起きた時に、人の役に立つ人間でありたい。弱い人を助ける事のできる人、守ることので切る人になりたい。

————————————-

と書いていた。

もしも、東京でも地震が起こった時、北朝鮮からミサイルが飛んできた場合、

今までの視力ならば、コンタクト、メガネがなければ、人を助けることなんてできない。

むしろ、コンタクトもメガネもなくて、人に助けてもらわなければならないかもしれない。

もちろん、自分が困ったときは助けてもらうのだけれども、漢として、人を助ける、守る事のできる能力は有しておきたいと思う。

————————————-

さぁ楽しんでやってみよう。

レーシック体験記⑦

【スペック】
38歳、男性、両目ともソフトコンタクトの-10.0(裸眼視力0.04らしい)
裸眼で本を読むには、顔と本の距離が10cmぐらい。
2017年12月30日にレーシック手術を受けてきたので、
その記録、記憶を残しておきます。

————————————-

レーシックを受けても、視力は0.7程度で眼鏡が必要となるという宣告を受けた僕。

 

実際に0.7の視力を体験してみた感想は、

「全然見えるやん!!!」

 

小学5年生より、眼鏡をかけ始め、中学生になってから視力表の一番上0.2が見えない状態で、

25年以上過ごしてきました。

 

0.7の視力がどれだけ見えるのか、ということを完全に忘れておりました。

僕の見えないは、10センチまで近づかないと本が読めない状態のこと。

全てがぼやけた状態のこと。

 

それに比べたら、0.7の視力って、なんでも見えます。

 

検査技師の方に、「すごくよく見えるんですけど」と伝えると、

「レーシックを受けると、眼鏡が全く必要なくなると思われている人がいます。

そういう方からは、20m先の人の表情がわからないと見えないと言われるんです」

 

20m先の人の表情なんてみる必要があるのか?ということは置いておくとして、

僕には1m先の人が誰かが確実にわかるのであれば、それで十分。

 

僕は足るを知っていうのだ。

全ての捉え方は、自分次第。

生きてるだけで丸儲け。

見えてるだけで丸儲け。

 

これだけ見えるのであれば、全く問題ない。

よし、やろう。

————————————-

さぁ楽しんでやってみよう。

レーシック体験記⑥

【スペック】
38歳、男性、両目ともソフトコンタクトの-10.0(裸眼視力0.04らしい)
裸眼で本を読むには、顔と本の距離が10cmぐらい。
2017年12月30日にレーシック手術を受けてきたので、
その記録、記憶を残しておきます。

————————————-

「重度の近視と、乱視が入っているので、レーシックをしたとしても、眼鏡が必要になります。」

 

レーシックしても、メガネ???

 

彼は続けた

「この数値を見てください。両目ともマイナス11ですよね。レーシックで効果があると言われているのは、マイナス10までの人になります」

「あなたの場合は、マイナス11ですので、完全に裸眼で暮らすということはできないです。回復したとしても0.7ぐらいでしょうか。車の運転には眼鏡が必要になります。」

「今回、手術費用としては、いくらを考えておられましたか?

14万円の術式だと、角膜の厚さが足りないので、25万~20万円の手術が必要になります」

 

え、、、現金で18万しか持ってきてないですけど…。

 

一瞬、レーシックやめようかな、、、と思った。

とりあえず、今の状況ではよくわからないから、もう少し説明してもらうことにした。

 

「コンタクトは使えないんですか?」

「レーシックによって、角膜の形が変わるので、コンタクトは使えないです」

 

「この14万とオススメされた20数万の手術は何が違うんですか?」

「フラップを造る時のレーザーが違います。14万のレーサーだと照射するレーザーの点が大きいため、矯正するための角膜の厚みが足りません。

提案した方ですと、レーサーの点が小さいので、角膜を多く削る事ができます」

(※この部分は今でも理解できていない。)

 

「今の角膜の厚みの問題を踏まえた上で、角膜の手術出来るギリギリの厚さまで削った場合に出る視力を体験させてもらえないでしょうか?」

 

僕は術後の視力となるであろう0.7になるように調整されたメガネをかけた。

検査技師に促され、廊下にでて、遠くを見てみる。

 

「あの奥(20m先ぐらい)の文字読めますか?」

「読めません」

「そうですよね。このぐらいだと思っておいてください」

 

え、、、十分、見えてるんですけど…。

————————————-

さぁ、楽しんでやってみよう。

レーシック体験記⑤

【スペック】
38歳、男性、両目ともソフトコンタクトの-10.0(裸眼視力0.04らしい)
裸眼で本を読むには、顔と本の距離が10cmぐらい。
2017年12月30日にレーシック手術を受けてきたので、
その記録、記憶を残しておきます。

————————————-

目の検査で、生まれて初めてのこともやった

目の前のギラギラに光るライトを見るとか。

初めは暗いのに、急に赤く光りだすんだ。写真を撮るので、一瞬だけでも目をつむらないでください、と言われる。

はっきり言って無理だ。

僕は自分の指で無理やりまぶたをこじ開けて、検査を受ける。

何なのだろう、この試験は…。

さすが、回転率が命の品川近視クリニック、無駄な説明はまったくない。

試験の前に、何の試験か教えてくれればいいのに、、、そうしたら、もっとこの試験に興味がでるのに、、、
目が良くなったら、こんな沢山の目の試験を受けることは、二度とないと思い、気になったことは聞いてみることにした。
アラフォーのおっさんが、よく見えてない目をキラキラさせながら「これは何の試験なんですか?」と聞く。

地獄絵図のようだ…。僕だったら、「何だ、このおっさんめんどくせーな!うっさいだまれ」という無邪気な感情が、間違いなく、顔に出ていただろう。
しかし、品川近視クリニックのすばらしい検査技師の方々は、そのような表情を少しもみせず、僕のくだらない質問に答えてくれた。

たどえば、斜視の人の別のところを見ている目で見ている画像は脳がその映像を認識していないということを初めて知った。

視力検査は、適当に言っても当たるから、3回正解がでたら、その視力になるということも初めて知った。

そうこうしているうちに、目のデータが集まってきたので、手術が行なえるかの結果を聞く時間になった。
どれだけはしゃいでいたとしても、角膜の厚さが足りない場合には、手術はできないらしい。
ここまで来て、手術が受けれないでは、何のために、2週間コンタクトをはめず、嫌いな眼鏡で過ごしたんだということになる。
ぼくは緊張しながら、検査技師の人の試験結果を聞いた。

その内容は僕の全く予想していなかった内容だった。

 

「重度の近視と、乱視が入っているので、レーシックをしたとしても、眼鏡が必要になります。」

 

————————————-

さぁ楽しんでやってみよう。

レーシック体験記④

【スペック】

38歳、男性、両目ともソフトコンタクトの-10.0(裸眼視力0.04らしい)
裸眼で本を読むには、顔と本の距離が10cmぐらい。
2017年12月30日にレーシック手術を受けてきたので、
その記録、記憶を残しておきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
同意書への記入が完了したら、待合室に移動。
待合室では、年末のテレビが流れている。
どうやら、競輪の年末の一大イベントが行われているらしい。
KEIRINグランプリというトップのトップ出ることのできない大会のようだ。
トライアスロンでバイクを乗るようになって、競輪選手の凄さがやっとわかるようになった。無酸素で自分を追い込める人たちは本当に凄い。

さて、話をレーシックに戻す。
名前を呼ばれ、3人一組で別室に連れて行かれる。どうやら口腔粘膜をとって、先ほどのDNA検査に利用するらしい。DVDを見て、再度、遺伝的な角膜異常による恐怖を伝えられる。ここで口頭でもDNA検査の費用が1万円かかること、そして、その分割り引かれることが伝えられる。よく読んでいなければ、ここではじめて聞く内容となる。何度も繰り返すことで、漏れをなくす。初めての業務をする場合はこのようにチェックを何度もいれなければならないことを痛感する。大事なことだからこそ、何度も刷り込むこと。

続いて、目について、さまざまな測定。
ぶっちゃけると何を測っていたのかはわからない。視力、眼圧、角膜の形とか、黒目の大きさ、斜視の有無など。

今回、目が悪くなってから、裸眼の視力を生まれて初めて測定した。健康診断では、コンタクトをつけたままだし、眼鏡屋さんでもメガネの度数(メガネをつけたときの視力)を測るだけだから。
もちろん、通常の位置においてある検査盤のCの向きなんてわかるはずがない。一番大きいのだって、わからない。
すると、検査技師さんが、手にCのプラカードをもって、僕の数メートル前に前に立った。
「ここで見えますか?」→「わかりません」→一歩近寄って「ここではどう?」
→「わかりません」→もう一歩「どうですか?」→左→「あたりです」
これを両目でチェックした。両目とも0.03らしい。

これが、見えるようになるのか!!
このときは、ワクワクしか感じなかった。
ーーーーーーーーーーーー

さぁ楽しんでやってみよう。

レーシック体験記③

【スペック】

38歳、男性、両目ともソフトコンタクトの-10.0(裸眼視力0.04らしい)

裸眼で本を読むには、顔と本の距離が10cmぐらい。

2017年12月30日にレーシック手術を受けてきたので、

その記録、記憶を残しておきます。

【本日、1週間後検診を受けてきました】

現在の視力 右:1.5 左:2.0 

一番小さいCの見方がよくわかりません。右が開いている感覚がするってことで答えたら、全て正解でした。

それでいいんかな・・・?

————————————-

12月30日、9時30分、銀座線有楽町駅に到着。

JR有楽町駅から徒歩1分のイトシアタワーの13階の品川近視クリニックを目指す。
GoogleMapを見ながら移動。目の前までついてから、◯I◯Iのビルがイトシアタワーという名称であることを知る。

オフィスフロアへの入り口がよくわからず迷う。

ワタワタしたが、オフィス入り口の看板を見つけ一安心。
とりあえず、オフィスフロアの13階に向かう。

受付で、名前で予約を確認(ちゃんと取れていたようで良かった)
早速、角膜の遺伝的な病気・角膜変異症のDNA検査(アベリーノユニバーサルテスト)の同意書を手渡され、内容を読み、サインしてください、と説明される。
中にはDNA検査に1万円かかるとの記載があり。

なんだ、こういうオプションで稼いでるのか…と思ったら、
この検査を受けたら、手術費用から同額の1万円を引くとの記載あり。
この遺伝病を持っている人は、失明の恐れがあるので、レーシックを受けられず、
安全性を確保するために、遺伝子検査を導入しているとのこと。

こういうところが、安心に繋がるんでしょうね。
費用がかかったとしても、優先すべきは安全性

————————————-
さぁ楽しんでやってみよう。