フリーライダーはいらない

どうも、熊です。

今回、勝手に参加しているトライアスロンチーム「ポセイ丼」から、完全に粛清されるようです。

一度、起こしてしまった失敗について、本人は忘れていきます。
それは、自分を守るためであり、自分にとっては消したい過去であるから。

しかし、相手は忘れない。
それは、相手にとっては、自分を守るための本能だからです。
こいつが同じことをまたやったら、自分が不快になる。

自分がたった一度と思っていたこと、そんな小さなことと思おうとしていることでも、相手にとっては、非常に大きいことなのだ。
自分にとっての当たり前で考えてはならない。
相手の気持ちになって考えなければならない。
まわりの状況を見極めねばならない。
ぼくの常識は、相手の非常識なのだ。
この1分は、相手が必死で仕事のやりくりをして、自分の楽しみを我慢して、捻出した1分なのだ
命はカウントダウン、
その命を何に使うかを決めるのは、それぞれが判断すべきことなのだ。

組織、チームには目的があり、その場にいる仲間であろうとするのであれば、それ相応の貢献が求められる。

失敗したとしても、何らかの貢献があれば、それは許される。
メリット>デメリット
でなければ、一緒にいる価値はないのだ。
こいつと一緒にいてもメリットがない(むしろ不快である、搾取されるだけ)と考えるのであれば、距離が置かれる。

どの組織においても、フリーライダー、クレクレ星人は必要とされない。

では、どうするか。

その場で自分が何の価値を提供できるのか考え、そして、その価値を提供するために行動する。
もしくは、離れる。

というか、ぼくはポセイ丼では、色々やらかし過ぎてるので、すでに馘首されているんだった。

まぁ、また、いつか別のところで会ったときに、De部でもすげーって言われるように練習しよ。

さぁ楽しくなってきた。

————————————-

今日のラン 3.8km(松陰神社往復)(月間目標 85,9km/200km 2月28日まで)

——————————