正しく言葉を唱えることの力

Facebook にシェア
Pocket

どうも 熊です。

最近、ブログの最後の言葉を変えました。

————————————-

「さぁ楽しんでやってみよう」

     ↓

「さぁ楽しくなってきた」

————————————-

しらんがな。。。って、声が聞こえてきそうですが、

ただ、ほくの中では、大きな変化を感じたので、記しておきます。

 

ぼくはずっとブログの最後に「さぁ楽しんでやってみよう」と書いてきました。

これは、何事もポジティブに前向きに捉えていくというぼくの心持ちを記していたのです。

もう一度、何気なく使っていたこの言葉について考えたのですが、

「楽しんでやってみよう」って、ことばには、

楽しくないことを楽しんでやってみよう」という、

意味も内包されているじゃないかと思ったのです。

潜在意識的に言うと、この言葉を使うことで、楽しくないことを寄せてきてるんじゃないかと、

使えば使うほど、楽しくないことがやってきて、それを楽しもうとするたびに、心擦り切れて、自分が凹んでいくんじゃないかと。

そこで、自分にとって好ましくないことが来たときに、いつもの「楽しんでやってみよう」ではなく、「さぁ楽しくなってきた」

と使う言葉を変えてみることにしました。

すると、なんということでしょう。

状況は全く変わっていないのに、なんだか楽しくなってくるのです。

「これでできたら凄いやん」とか、「若い時の苦労は買ってでもしろ」だとか、その状況をポジティブに解釈する言葉を、

連想していき、ポジティブな気持ちが湧いてくるのです。

ブログを書いた後に「さぁ楽しくなってきた」と書くことで、さらに気持ちが前向きになります。

ドラゴンポールの悟空が強い敵が出てくるたびに、「おら、ワクワクすっぞ」と言っているのも、同じことなのだと思います。

悟空の場合、本当にワクワクしていたのかもしれませんが、、、。

気持ちが先か言葉が先か行動が先か、鶏が先か、卵が先か。

何が起こったときに、瞬間的に心の中で発する言葉があり、その言葉を受けて、行動が起こり、行動からその行動に合致した気持ちになる。

正しく言葉を唱えることって、本当に力を持っています。

正しい言葉を発し、正しい行動を求め、何度も実践し、PDCAを回すことができれば、人生はより良い方向に向かう

さぁ楽しくなってきた。

————————————-
今日のラン 10.03km(足柄峠)(月間目標 120.06km/200km 228日まで)
10km
1時間3分で走れるようになりました。
走り始めた1ヶ月前は、10km1時間半かかっていたのに、
身体って本当に戻ってきてくれるんですね。
——————————