グルグルグルグルグルコサミン。

ふとしたことで自分の成長を感じることがある。

 

今日は、盆明け。
山の日からの5連休明けの一発目。

 

休み明けで、エネルギー満タンのST(社会適合者)たちが、
熱気ムンムンで仕事に向かう。

 

もちろん、僕も同様だ。

今日は、大きなMTGがある。
さて、どうやって仕切ってやろうかと、熱気ムンムンで最寄り駅まで向かう。

今日も満員電車だ、と意気込んでいると、
駅から人々がワサワサと出てくる。


やばい。と思い、改札に急ぐ、、、そして、僕の嫌な予感は、確信に変わる。

 

「田園都市線各線、桜新町の信号機の故障で遅延」

 

BULL SHIT

なんてこった。
今日は、でかいMTGがあるんだ。
早めに会社につき、そして、資料の最終確認をしたいんだ。

神は僕を見放し。。。いや、違う!!!


もし、僕がSFT(社会不適合者)であれば、今日は外に出るな、ということだなと解釈し、

家に引きこもるところだ。

 

けれども、僕はST。
この状況でいかに業務に影響のないよう、定時で出社できるかがSTたる腕の見せどころ。
神は僕にSTたる己を試されているのだ!!!

 

ではどうする?

 

僕の思考が回りだした。

 

電車の再開を待つ???
NO.
僕の頭に一つの事例がよぎる。
今年の2月、大雪で田園都市線がストップし、出社が12時過ぎになったあの日のこと。
復帰をまっていたら、いつになるかわからない。

振替輸送???NO、駄目だ。今の時間では先行者たちが大量にいる。


走る???もちろん、射程圏内だが、時間的にはギリ。そして、着替えとシャワーが必要になる。
ビチャビチャの太ったおっさんは女性に人として認められない。。駄目だ。。。

 

結局、僕が選んだのは、自転車で行くってことだった。

今までの実績なら、30分。
ほぼ、電車通勤と同じタイム。
間違いなく間に合う。
さぁ行こう。

 

久しぶりのクリートのないシューズでのバイク。

毎週末練習してきた練習してきたペダリング。
引き足が邪魔にならないように、腸腰筋をつかって、足をたたむ。

足を浮かせることを意識して、グルグルグルグル。

 

グルグルグルグルグルコサミン。

 

結果、20分という過去最速タイムで到着。

師匠、ありがとうございます。
これも毎週末、師匠に教わりながらペダリング練習をした結果。
毎日やれって言われながら、週末だけしかやってないけど。。

 

もちろん、帰りは台風による大雨のため、電車で帰りました。

 

ほいじゃー。

彼は僕の時間を奪うために、何でもする。

「24」にハマっている。。。

Amazonプライムビデオのせいだ。
アウトプットよりもインプットに偏っている僕は、
「本にお金は惜しまない」「読みたい本はすぐ読みたい」
という願望を満たすべく、Amazonプライムに加入した。

3,980円/年というコストで翌日には本が届くというサービスは、
僕にとっては非常にありがたかった。

僕にとってはそれで十分だったのだが。
ある日Amazonはプライムビデオなる商品を送り出してきた。

 

僕は誘惑に圧倒的に弱い。

だからこそ、引っ越しした際に、テレビを捨て、ビデオを捨て、ゲームを捨て、時間泥棒と言われるものを排除した。

それなのに、、、

今、僕のディスプレイには、大きなジャックバウワーが映っている。

「目的を達成するためならば、俺はなんでもする」

僕も、
あれだけ言い切る強さが欲しい。
守るべきものを守れる強さが欲しい。

彼は僕の守るべき時間を奪うために、何でもするのだから。

天国と地獄

天国と地獄では、与えられた状況は同じという話を聞いたことがあると思う。

地獄の食卓では、目の前に豪華な食事があるにもかかわらず、
住民たちはなが~い箸で食事を食べさせられ、
箸が長過ぎるため、上手く口に運べない。

目の前に食事があるのに食べられないという地獄。

 

天国でも与えられる状況は同じ。
豪華な食事となが~い箸を与えられる。
ただ、天国では、住民たちは、テーブルの対面の人と協力して、お互いに食べさせ合う。
だから、みんな贅沢な食事を食べることができる。

天国と地獄は状況は同じ。
違うのはそれぞれの住民が与え合う気持ちがあるかどうかってことだけ。

 

天国に行きたいなら、与え合う気持ちを持ちましょうって話。

問題は、与え合う気持ちを持っていたとしても、長い箸を持っていない人もいるってこと。

心から思っていたとしても、気持ちだけが先行している人。

「与え合いましょう、共存しましょう」っていいながら、箸が爪楊枝。

短すぎて、自分でも食べれないし、相手に与える事もできない。
でも私には、分け与える気持ちがある。だから、私には天国にいる権利がある。

だから、周りの人は、私に食べさせる義務があるといって、口を開いて待ってる。

これって、今の日本。

与える気持ちの前に、せめて普通の箸を持つ努力はしないといけない。

 

って、僕の箸はまだ短いから、肩甲骨のストレッチで、ダルシムのようになろう。

「ダルシム パンチ」の画像検索結果

 

ヨグゥァ!

スイム練習に役立つカウンターを買ってみた件

こんばんは
長浜です。

De部は特性上、

肉が邪魔して、ストリームラインが形成しにくい、
肉が邪魔して、肩甲骨のストレッチがやりにくい、

など、様々な弱点をもっていますが、
それらのデメリットを補ってあまりあるセルフフローシステム(腹回りの肉)も持っていますので、
スイムに適した生き物であると考えています。

とはいっても、ストリームラインが形成しづらく、肩甲骨が伸びなくて、脂肪で身体は浮くけど、
なんだかんだで身体は重いという生き物が、水の中で早く泳ぐには、効率的なスイミングフォームを形成することが必須です。

その効率的なスイミングフォームを形成するために、日夜、暇さえあれば
水着姿の女性を見るため、カッコイイ身体の男をみて、ああなりたいな…、というモチベーションを上げるために
プールに足繁く通うわけです。

そこで、一生懸命、理想的なフォームを求めて、ちょっと肩を沈めてみたり、バタ足の角度を変えてみたり、
リカバリーの時に、「スイッチ脇パカ」と言ってみたりしながら、泳いでいるのです。

そんな感じで泳いでいると、

ここでクエッションです。
僕は何本泳いだのでしょうか?
あれ、これ100M、5本目だっけ、6本目だっけ?
後何本泳いだら、1km?まぁ、今日はもうしんどいから、後4本泳いだら、2km泳いだことにしよう。

という問題が、必ず生じるのです。
そして、これが僕にはめんどくさい。

僕の小さな脳味噌は、効率的なフォームを形成するためだけに使いたい。
だから、5本、6本なんてどうでもいい!!!って言えればいいのですが、
僕は、今日、1.5km泳いだとか、俺スゲ3km泳いだとか、
自分が頑張っているってことを残しておきたいのです。
だから、今何本泳いだかかってことは結構重要なのです。


ということで、僕と同じように、今何本泳いだんだっけ?と思っている方に、

今回オススメしたい商品はこちら、

 

輪ゴム

 

右手首に10本はめておき、100m泳ぐたびに、1本を左手首に移していきます。

すると、すべてのゴムが左手首に移動すれば、1km泳いだことになります。

これで、カウントも簡単!!!
って、やってみると、右手首に10本の輪ゴムをはめた時点で

 


赤ちゃん手首可愛い!!!

 

じゃなくて、尋常ではない圧迫感!!!

手に血が行ってない。。。ギッチギチ。。。痛いです。。。

 

ということに気づくはずです。やめておきましょう。

 

ギッチギチになる前に、下記を買いましょう。

 

ウォッチスコアーカウンター 3 GV-0903

こちら、

本来であれば、ゴルフでスコアを数えるために使う商品です。

スイッチをくりっと下げるたびに、1UPしていき、15をすぎると0に戻ります。
これを使うことで本数を数えるストレスを軽減することができます。

何本泳いだかわからなくなる人、何本泳いだか数えることにストレスを感じる人にはオススメです!!!


ただ残念ながら、東京体育館では、腕時計と間違えられて手首に巻いて使うことはできなかったのですが。。。

De部が100kmを走るためにぼくが伝えたい3つのこと

5月22日16:40(79km関門制限時間)

 

ぼくの足はボロボロになっていた。

右小指の水ぶくれが破れ、

足の裏、拇指球の上に両足とも水ぶくれができていた。

「また、水ぶくれができた。
マラソンのたびに、水ぶくれできて破ってを繰り返してる…。

全然成長できてない…。」

 

野辺山ウルトラマラソン76km地点
馬越峠の中間地点。
右足をかばいながら、ほくは歩いていた。

100kmという長丁場。一旦、他人が納得しそうな言い訳がでできたらもう走れない。
それが、水ぶくれが破れた。

続きを読む

僕が囲碁をやったほうがいいと思う理由

僕が囲碁をやったほうがいいと思う理由なんですけど、
圧倒的に、単純です。

長く続いてるから。

だったら、将棋でも、チェスでも、麻雀でもいいじゃん。
っていう、意見もあると思います。

その通りでございます。
その長く続いてプロもいるゲームの違いは、僕にはわかりません。

だから、僕は、単純に
自分の人生よりも長く引き継がれているものであれば、どれでも勉強してみていいと思っています。

僕らの世代であれば、
ダンスダンスレボリューションを知らない人はいないと思います。
パスドラを知らない人もいないと思います。
ドラクエを知らない人もいないと思います。

けどね。

30年後に、今の僕らと同じ情熱でダンスダンスレボリューション、パスドラをやってる人、ドラクエをやってる人って、いるんかな。。。って思うんです。

けど、囲碁、将棋、麻雀、チェスを知ってる人は間違いなくいるんです。

だって、うちの親父が45とかで、スーパーファミコンのソフトを買ってきたんですよ。
「ゴライアス囲碁」だったっけな。。
週末に俺のスーファミを占領してたから。

で、週末にスーファミ独占されて、なんだよ、親父て思ってた俺が、
36歳になり、囲碁で親父に勝ちたいと思ってるんですよ。

だから、日本人は囲碁やったほうがいいんちゃいますかね。

スマホで30年後に使えない仮想世界のレベル上げてるより、
30年後に使えるレベル上げといたほうが人生楽しそうじゃないですか?

まぁ、別に、囲碁じゃなくてもいいんですけどね。

その辺の差別化はIGOホールディングスの男前達に任せます。

囲碁、面白いですよ。
僕、弱いけど。

幸せだなと思う環境

僕が幸せだな~っ思う環境ってなんだろうなって、考えたんですけど。。。

結論は、

自分(僕)が成長するからやりたいってことに、

無条件で「やればいいじゃん」って、間髪いれずに

承認してくれる環境なんだということに今更ながら気がついた。

一つの問題からどれだけの意味を見出し、何を学び、これからの人生にどのように活かすのか。

今日、一つの問題が解決しました。
昨年から続いていて、私のココロの大きな部分を占めていた問題。

解決まで、1年半かかりました。

やり方はもっと合ったのかもしれないですが、
自分のあり方としては、最善を尽くしたと思っています。

今は晴々とした気持ちです。

この問題から、どれだけの意味を見出し、何を学び、そして、これからの人生にどのように活かすのか?

これは、言葉で表したとしても意味がなく、
私がこれからの人生で結果として出していくしかないことなのだと思います。

ありがとう。

さぁ楽しんでやってみよう。

あんたぁ、まんがええけぇ。

どうやら僕には、プール運があるようです。

自宅から、3km走った先に最高の施設がありました。

世田谷区立総合運動公園温水プール

1日 480円
1時間 240円

近所のスポーツクラブを脱退し、今年一年どこでトレーニングをしようかと考えていたのですが、こんな目と鼻の先に、求めていた設備を完璧に備えた施設があるだなんて…。

東京都内で50mプールは、8施設しかないようですが、そのうちの1つがご近所ですよ。

僕は、住居を選定する際の選択肢に入れていたわけでもないのに引っ越し先の近くに図書館があるという図書館運を持っているのですが、

それに加えてプール運までも持っているとは…。

ばあちゃんが、「あんたぁ、まん(広島弁で運)がええけぇ」と言っていたのは本当でした。

まぁ半年間住んできて全く気が付かなかったことは秘密です。

人生、本当に必要とした際に、必要なものが現れるというカラーバス効果なのでしょうね。

今年は、トライアスロンロングに元年しますので、身体を絞るとともに、泳ぐ、自転車を漕ぐ、走るというそれぞれの行為に対して、
長距離をという形容詞を付けるために、練習し身体を調整していく必要があります。

これから、毎週末、3㎞走って、泳ぎ、3㎞走って帰るというサイクルを回していきますよ。

そして、4月の宮古島トライアスロン、6月のバラモンキングをきっちりとタイム出して、完走です。

さぁ楽しんでやってみよう。

本日は、3.8㎞を泳ぐための基礎体力作り。
1.5㎞(トライアスロンオリンピックディスタンスと同じ距離)と泳ぎました。
3割りぐらい平泳ぎで泳いでしまうので、すべてをクロールで泳げるようになることが目標です。

今使っているスキルをその後の仕事で使うかなんてわからない。

今、チームにいるスタッフの現在や、近未来については、

その人の成長も含めて、責任を持ちたいと思っています。
それを踏まえて、仕事の配分であったり、スキル、知識を伝えていくつもりです。

今、この知識、スキルを身につけておけば、その後、他のところにいったとしても困らないよ。

と思い、伝えているのですが、

あまりにも拒否反応が大きいので、やめます。

少しでも、これからの人生に対して、よい影響を与えることができればいいとは思っていますが、

今の会社を離れてや、チームを離れてまでは責任を持つことはできません。

偉そうなことを書いていますが、僕は車を作ることはできません。

けれども、車を運転することはできます。

僕が、車を使った便利な生活をしなければ、車を作れるようになれ!と言われたら、

車に乗ることは諦めて、自転車か自分の足で100km以上走れるようにトレーニングするでしょう。
そのほうが今の僕にとっては、汎用性が高い。

それと同じことなのだとわかったのです。

好きではないことに時間をかけるには、人生は短すぎる。

その後のキャリアにどんなスキルが必要となるかなんて、わからないんですよね。、

実際に、これからそのスタッフが、次の仕事で、事務になるのか、レジを打つのか、主婦(夫)になるのか、社長になるのか

僕には分からないですし、僕自身も今後、何をしているかなんてわかりません。
そのときに持っているスキルで勝負するしかないんですよね。

その時々で自分に必要なスキルを必死こいて身に着けていくのでしょう。

先日も書きましたが、これから作業用のExcelは、
全くの素人でも使えるものを作ります。

そして、設定をブロックします。

今、興味のあるもの、好きなことを全力でやっていきます。

さぁ楽しんでってみよう。